• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

未婚のまま孤独死した兄の遺産を相続したのは…

両親は既に他界、血のつながった妹は相続できず

2018年1月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは。私は相続を生業としている弁護士や税理士等の専門家で組織された協会、相続終活専門士協会の代表理事を務める江幡吉昭と申します。本連載では、我々が幾多の相続案件の中で経験した事例を何回かに渡ってご紹介したいと思っています。

 伝えたいことはただ一つ。どんな仲が良い「家族」でも相続争いに巻き込まれると「争族(あらそうぞく)」になってしまうということです。そこに財産の多寡は関係なく、揉めるものは揉めるのです。そうならないために何が必要なのでしょうか?具体的な事例を基に、考えてみたいと思います。

 今年最初となる第5回は、未婚の兄が亡くなった後、血のつながった妹に遺産がいかなかったケースです。この兄と妹の両親は既に他界しており、普通に考えれば兄の遺産は妹に行くはず……と考えがちですが、そうでもないのです。具体的に、ご説明いたしましょう。

未婚の兄が孤独死した。両親の死後ずっと病気の兄の世話をしてきたにもかかわらず、妹は遺産を相続できなかった。「あの人」がまだ、生きていたから…
  • ●登場人物(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)
    • 被相続人 兄44歳(無職、東京在住)
    • その他 妹40歳(専業主婦、東京在住)
  • ●遺産 自宅マンション3500万円、銀行預金700万円:計4200万円

 この兄妹は比較的早くに、両親を亡くしておりました。兄は長く内臓系の病気を患っており、日常生活に支障は全くありませんでしたが、長時間働くことはできず、亡くなった両親の遺した財産で日々生活していました。

 亡くなった父は一流企業のサラリーマンであり、生前は退職金で買ったマンションに父と母と兄の3人で暮らしていました。父母が亡くなったため、兄が一人で住んでいたというわけです。

 兄は婚姻歴もなく、子供もいません。一方で、妹は結婚して2人の子供の母親になっていました。兄と妹は同じく都内に住んでおり、電車で15分もあれば通える距離です。妹は月に1度程度、兄の看病や部屋の掃除、足りないものをスーパーで買ってくるなど面倒を見ていました。

 ある日のこと、兄の住むマンションの管理人から妹の携帯電話に電話がかかってきました。「お兄様から住む部屋から異臭がする」というのです。妹は嫌な予感がしました。慌てて兄の住むマンションに急ぎます。

 兄の部屋の前の扉に立ってみると、たしかに何とも言えない「臭い」がします。悪い予感は的中します。管理人と一緒に部屋を空けたところ、兄が居間で倒れたまま亡くなっていたのです。

 後の警察による鑑定の結果、死後一カ月程度が経っていました。結果的に事件性はなかったものの、警察のDNA鑑定の結果が出るのに半年強の時間がかかりました。

 死後半年以上経ってから、ようやく戸籍謄本(除籍)を取ることができたのです。死亡時間は通常「●月●日」「●時●分」と記載されるものですが、今回は「●月●日~●月●日の間」となっています。特殊清掃などにかかったお金も葬儀費用もすべて、とりあえずは妹が立て替えることになりました。兄が残した遺産で費用は賄えると考えたからです。

コメント21件コメント/レビュー

モヤモヤするのは、たとえ月一の様子見にしても「していた妹」ではなく
「させていた祖母」に遺産が渡ったから、なんだろうなと思ったり。(2018/01/27 08:35)

オススメ情報

「争族(あらそうぞく)の現場から」のバックナンバー

一覧

「未婚のまま孤独死した兄の遺産を相続したのは…」の著者

江幡 吉昭

江幡 吉昭(えばた・よしあき)

相続終活専門士協会代表理事

相続・終活の専門家。住友生命保険を経て、英スタンダードチャータード銀行で最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、富裕層の資産運用・税務・財務管理を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

モヤモヤするのは、たとえ月一の様子見にしても「していた妹」ではなく
「させていた祖母」に遺産が渡ったから、なんだろうなと思ったり。(2018/01/27 08:35)

これもかなりレアなケースだと思う。このコラムのいいたいことは相続では直系親族が傍系親族より優先されるといいたいだけ。今回のケースが特殊なのは実の親が既に他界し、その親が生き残っていたこと。自分もこの前調べて初めて知った。(2018/01/25 10:34)

掲載されている外国人の高齢者の写真は、この記事に何か関係あるのでしょうか?正直かなり混乱しました。日本人以外とは関係のない生活を送っている人に取っては問題ないかもしれませんが。。。(2018/01/24 14:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官