• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

母が遺した数千万円を使い込んだ祖父の言い分

バツイチの娘を支えてきたという自負が生んだ悲劇

2017年12月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは。私は相続を生業としている弁護士や税理士等の専門家で組織された協会、相続終活専門士協会の代表理事を務める江幡吉昭と申します。本連載では、我々が幾多の相続案件の中で経験した事例を何回かに渡ってご紹介したいと思っています。

 

 伝えたいことはただ一つ。どんな仲が良い家族でも相続争いに巻き込まれると「争族(あらそうぞく)」になってしまうということです。そこに財産の多寡は関係なく、お金があろうとなかろうと揉めるものは揉めるのです。そうならないために何が必要なのでしょうか?具体的な事例を基に、考えてみたいと思います。

 第二回は、多額の現金がなくなってしまったケースです。母がキャリーバッグに遺した数千万円は誰が、どこで使ってしまったのでしょうか…

予期せぬ大金を目の前にすると人は予想外の行動に出てしまうことがあります。長男と次男は、まさかおじいちゃんに裏切られることになろうとは…
  • ●登場人物(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)
    • 被相続人 母 58歳(パート、関西在住、バツイチで長男次男を育てる)
    • 相続人 長男 28歳(会社員、関西在住)
    • 相続人 次男 23歳(会社員、関西在住)
    • その他 被相続人の父(長男次男にとっては祖父)
  • ●遺産 現金4000万円、銀行預金500万円、自宅マンション2000万円、合計6500万円

 今回は旅行用のキャリーバッグに4000万円もの多額の現金があったケースです。母と長男は同居で、長男が母の看病をしていました。祖父は長男たちの近所に住んでいました。

 被相続人の母は生前、長い闘病生活を強いられてきました。母は長男に「私が死んだらこのキャリーバッグをよろしく」と事あるごとに言っていました。

 長男は現金が入っているのだろうなと薄々は感じていました。母の死んだ直後、開けてみると4000万円もの大金が入っているとはさすがに思いませんでした。

 この大金を前に20代の若い長男と次男は戸惑いました。そこで二人は近所に住んでいる祖父(被相続人の父)に相談したところ、祖父は「若い二人にこんな大金を持っているのは危険だろう」ということで預かってもらうことになったのです。

 何の疑いもなく、おじいちゃんに多額の現金をキャリーバッグごと預けた長男と次男。その後、このお金はどうなったのでしょうか。

コメント17件コメント/レビュー

この記事の内容はかなり疑問であり、相続の問題ではない。コメントでも指摘されているように、相続以前の脱税が絡んでいる事例だと思われる。表に出せないような現金の分割を、正規の手続きで処理すること自体が絵空事である。(2018/01/19 18:37)

オススメ情報

「争族(あらそうぞく)の現場から」のバックナンバー

一覧

「母が遺した数千万円を使い込んだ祖父の言い分」の著者

江幡 吉昭

江幡 吉昭(えばた・よしあき)

相続終活専門士協会代表理事

相続・終活の専門家。住友生命保険を経て、英スタンダードチャータード銀行で最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、富裕層の資産運用・税務・財務管理を行う「アレース・ファミリーオフィス」を設立

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事の内容はかなり疑問であり、相続の問題ではない。コメントでも指摘されているように、相続以前の脱税が絡んでいる事例だと思われる。表に出せないような現金の分割を、正規の手続きで処理すること自体が絵空事である。(2018/01/19 18:37)

大金を前にすると人間性が変貌する、には激しく同意。
でも、この事例で必要だったのは母親の遺書じゃない。
祖父の金銭預り証です。
兄弟の遺産争いの話じゃないんだから。

母子家庭の年収がどうとかいうコメントあるけど、4千万もの大金を現金で置いておける病室は個室、それも、セキュリティがしっかりして、医療スタッフも信用できる病院の個室でしょ?
KO病院とまでは行かなくとも、そんなハイレベルな病院の個室なんて相当の金が無けりゃ入れませんよ。
祖父が不憫に思って援助したっていうのも、別に娘が貧困だった訳ではなく、単に娘可愛さからでしょう。

つまるところ、この兄弟は母子家庭とはいえかなり裕福に育ったので、金や他人に対する警戒心が希薄だったんじゃないんですかね?
無論、この話がそのまま事実ではないでしょうけど。(2017/12/29 18:45)

母子家庭の世帯年収を知らないのかな?
仮に祖父からお金をもらいつつ、長期入院代や治療費、子供の教育費を支払っても残る4000万。
贈与税も支払っていたとなると祖父は相当な資産家なのに、現在は貯金もなく孫の金をしゃぶるのか?
疑問が多く、内容が全く頭に入りませんね。


著者の肩書は代表理事だが、税理士の免許はなく、FPだけなんだね。(笑)
どおりで、胡散臭いと思った。
相続終活専門士協会の名前は気を付けることを理解しました。(2017/12/27 14:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長