• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハリル解任という劇薬で挑むW杯

残高不足でロシア行きの電車乗れず

2018年4月14日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ただ、ここで言いたいことは、「監督業の大変さ」ではない。言語とコミュニケーションについてだ。

 先の岡田氏の発言には、外国人であれば言葉が十分に分からないことがプラスに働くという意味もあるのだろう。だからこそ耐えられる。すべてが伝わってくる自国では、そのストレスが大きすぎる。「自国の監督はやるものじゃない」には、そうした言語の問題も含まれている気がする(今は監督も選手も、世界中どこへ行っても英語でのコミュニケーションが当たり前になっているが…)。

乗り越えられなかった言葉の壁

 監督解任の経緯を田嶋会長は、これまでの戦いの中で総合的に判断したと説明したが、先のベルギー遠征(マリ戦、ウクライナ戦)で、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」ということも理由として挙げた。

 それは、直接的に言語の問題というわけではないが、日本にとっての外国人監督の「壁」がそこにあることも確かだろう。監督の真意が分からない。コミュニケーションがうまく取れない…ということには、岡田氏の言うメリットの部分が、選手や協会との関係性ということにおいては、言語の違いがデメリットになってしまった部分もあるのだろう。

 しかし、それもこれも監督の能力と仕事の領域の話であり、コミュニケーションに大きな問題があったというのであれば、それはハリルホジッチ氏の失敗といわざるを得ないだろう。

 監督業に永遠はあり得ない。

 その立場の維持と許される活動時間について、あえて身近なことで例えると、それは交通系ICカードの「スイカ」や「パスモ」をチャージするのに似ている。監督は、要所要所の試合に勝つことによって、自身のカードをチャージする。必要な金額が十分にあれば、いつでも代表チームという電車に乗れるのだが、チャージに失敗して残金がなくなれば、ゲートが閉まって入れなくなってしまうのだ。

 先のベルギー遠征はハリルホジッチ監督にとって、6月にロシアで開かれるW杯に向かうために何が何でも良い結果でチャージしなければいけない局面だった。W杯に出場しない両国に1敗1引き分け。これではチャージできない。

コメント10件コメント/レビュー

西野氏の「マイアミの奇跡」でのサッカーは南アの岡田氏やハリル前監督を上回る超絶守備的サッカーだったと記憶していますがそのスタイルを取ることは西野氏には許されないでしょう。
中心選手とされる選手に大好きな「俺たちのサッカー」をやらせてその責任を取る役回りにしか見えませんね。(2018/04/16 17:45)

オススメ情報

「青島健太「スポーツ社会学」」のバックナンバー

一覧

「ハリル解任という劇薬で挑むW杯」の著者

青島 健太

青島 健太(あおしま・けんた)

スポーツライター

5年間のプロ野球生活の後、オーストラリアで日本語教師となる。帰国後、スポーツライター、テレビキャスターとして活躍。現在は、鹿屋体育大学、流通経済大学、日本医療科学大学の客員教授として教鞭をふるう。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

西野氏の「マイアミの奇跡」でのサッカーは南アの岡田氏やハリル前監督を上回る超絶守備的サッカーだったと記憶していますがそのスタイルを取ることは西野氏には許されないでしょう。
中心選手とされる選手に大好きな「俺たちのサッカー」をやらせてその責任を取る役回りにしか見えませんね。(2018/04/16 17:45)

岡田元監督の「自国の監督はやるものじゃ無い」の立場になった西野新監督への言葉が何処にも無いのはおかしくないですか(2018/04/16 11:43)

西野監督就任に際してサッカー協会のコメントが非常にむかつく内容だった
まるで西野監督がそこにいたから指名しただけ…と取れる内容だった
アトランタ五輪でブラジルを破った「マイアミの奇跡」は確かに劇的だった
しかしあくまでもアマチュアスポーツの祭典での出来事である
これから向かうのは世界的プロチームの最高峰である
その過酷な道のりを託す相手に向ける内容のコメントとしては最低の監督就任発表の言葉を投げかけた日本サッカー協会は恥を知るべきである
敢えて参考になった、是非読むべきとチェックをしたのにはそうした経緯を知るべきだと思ったからだ(2018/04/16 11:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授