• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“神ってる”じゃダメ、広島・鈴木に4番の自覚

ゴールデンウィーク中も猛打爆発、チームを鼓舞する存在に

2017年5月13日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 野球の打順は、1番から9番まである。野球ファンには言わずと知れた当たり前のことだが、それぞれの打順にはやはり求められる役割がある。

 常識的なことで言えば、1、2番には出塁が求められ、足が速いことも重要な適性だ。3番、4番、5番は「クリーンアップ」と呼ばれ、英語の意味通り塁上のランナーを一掃して得点をあげる活躍が期待される。ランナーがいない時でも一発長打(ホームランなど)の魅力を秘めた選手が指名される。

 6番以降にはチームカラーがよく出る。長打を打てるバッターを並べるか、勝負強いバッターを置いて、クリーンアップの出塁をさらに生かすか…。また8番、9番あたりに足の速い選手を起用して、機動力でかき回す野球をするようなチームもある。

「神ってる」の一言で昨年の流行語大賞をとった鈴木誠也(広島東洋カープ)の目標は、「もう“神ってる”とは言われないこと」。(写真=アフロ)

 いずれにしても打順には意味があって、どの役割の選手も欠くことのできない、その試合の先発メンバーである。選手の持ち味と直近の調子を加味して起用される訳で、打順によって打者の優劣を語っても、選手の能力と本質を知ることにはならないだろう。

 そう言ってしまっては身も蓋もないが、選手たちは起用された打順でその日の最善を尽くそうとするのだ。それゆえに打順は常に流動的なものであり、チームの状態によって可変的なものとして捉えるべきだろう。

 しかし、「4番」だけはそうはいかないという考え方がある。

 「ID野球」を標榜し、データに基づき確率を重視した論理的な野球をする野村克也氏でさえも、「4番が決まれば打順が決まる」と4番打者を特別な存在と位置付け、強いチームを作るためには4番の育成が大きなテーマだと言っている。

 しっかりとした4番打者がいれば、チームは自ずと機能するというのだ。

コメント2件コメント/レビュー

ここ暫く広島は4番で苦労してきた。出戻りの4番では意味がない。神ってるセイヤは昨年が華々しかったので今年は反動が出るかな、と思ってたが十分にやっている。このまま4番に定着すれば広島は本当に強いチームになる。再び黄金期か!ちと言い過ぎたかな。(2017/05/16 10:45)

オススメ情報

「青島健太「スポーツ社会学」」のバックナンバー

一覧

「“神ってる”じゃダメ、広島・鈴木に4番の自覚」の著者

青島 健太

青島 健太(あおしま・けんた)

スポーツライター

5年間のプロ野球生活の後、オーストラリアで日本語教師となる。帰国後、スポーツライター、テレビキャスターとして活躍。現在は、鹿屋体育大学、流通経済大学、日本医療科学大学の客員教授として教鞭をふるう。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここ暫く広島は4番で苦労してきた。出戻りの4番では意味がない。神ってるセイヤは昨年が華々しかったので今年は反動が出るかな、と思ってたが十分にやっている。このまま4番に定着すれば広島は本当に強いチームになる。再び黄金期か!ちと言い過ぎたかな。(2017/05/16 10:45)

現場取材もせず、テレビ中継やスポーツ紙をソースにして誰でも書けるようなことをしたり顔で垂れ流すだけの記事は、一刻も早く打ち切ってほしい。

青島ごときを「スポーツライター」として起用しているのは、NBOぐらいのものなのが、わからないのだろうか。あれは単なる、「プロ野球選手くずれのスポーツタレント」にすぎない。(2017/05/13 09:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官