大坂優勝の全米テニスと駅の暴力防止ポスター

セリーナに求められた怒りのマネジメント

全米オープン決勝で主審に抗議する女王セリーナ・ウィリアムズ選手。感情をコントロールできずに自滅した(写真:UPI/アフロ)

 今週は、女子テニス、大坂なおみ選手(日清食品)の話題で沸騰している。それもそのはず、あの女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を全米オープン決勝で破って日本人初の快挙をやってのけたのだから、これほどうれしく誇らしいことはない。

 今年3月に彼女が米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われた「BNPパリバ・オープン」で優勝した時に、当コラムで彼女を取り上げたが、あの時よりもさらに進化した大坂なおみがいた。

 

 優勝の要因を父親のレオナルドさんは、去年12月から指導を受けているドイツ人コーチのサーシャ・バイン氏との出会いを挙げているが、3月の原稿でサーシャ・コーチの指導法について書いているので、ここでは簡単に触れるだけにする。サーシャ・コーチが大坂選手に求めたことは、「思い切り打とうとしなくていい」と言うことであり、今回のグランドスラム(世界四大大会)優勝でもそのプレースタイルが見事に機能していた。

 「強く打つのではなく、ゆったりと構えて相手を見ることができた」は、インディアンウェルズで優勝した時の大坂のコメントだが、今回のテニスもそれを上回る冷静さと的確な判断と要所での忍耐強さでセリーナを圧倒した。それはパワーでねじ伏せるような戦い方ではなく、とても知的なテニスだった。

 

 卓越したゲームマネジメントやスピーチのこと(今回も素晴らしかった)や、優勝を決めた直後にバナナを食べていたこと(栄養補給)や荒れた試合展開の中でも冷静さを保ったこと(集中力)など、触れたいテーマがたくさんあるが、彼女の素晴らしさについての言及は他の媒体にお任せして、ここでは自滅したセリーナ・ウィリアムズの決勝戦での行状について考えたいと思う。

 いつも乗り降りする東急池上線の駅にこんな文言が書かれたポスターが貼ってある。

「つい、カッとなった。人生、ガラッと変わった。」

 主審の下した判定に血相を変えて反論し続けるセリーナを見ながら、このポスターのフレーズが頭に浮かんだ。もちろんこのポスターは、テニスに関するものではない。鉄道係員に対する暴力を抑止するためのものだ。せっかくだから書き添えておけば、2016年度における鉄道係員に対する暴力行為は全国で712件あったそうだ。たった一度の暴力が、本人の人生はもちろん家族の人生も大きく変えることになるとそのポスターは訴えている。

バックナンバー

著者プロフィール

青島 健太

青島 健太

スポーツライター

5年間のプロ野球生活の後、オーストラリアで日本語教師となる。帰国後、スポーツライター、テレビキャスターとして活躍。現在は、鹿屋体育大学、流通経済大学、日本医療科学大学の客員教授として教鞭をふるう。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

75%

まあ参考になった
 

14%

参考にならなかった
 

10%

ぜひ読むべき
 

69%

読んだほうがよい
 

16%

どちらでもよい
 

14%

いただいたコメントコメント8件

セリーナはそこでも止まることができなかった。何と、試合の後になって「男女差別」を持ち出した。明らかに問題のすり替えだ。それをWTAが擁護したのには呆れた。
こうのような選手や団体にスポーツをする資格があるのだろうか。(2018/09/18 19:52)

人によって見方が違うとは思うが、自分はウィリアムス選手の一連の行為はワザとだと思った。
普通にプレイしては勝てないことを悟り、揺さぶりをかける、
または負けたとしても審判のせいであるという印象を与え、
悲劇のヒロインを演じ観客を味方につけるという
百戦錬磨の経験を持つ一流のプレイ(演技)だと見えた。(2018/09/18 17:11)

本筋にはあまり関係がないのかもしれないが、ゲーム終盤の流れに大きな事実誤認がある。
この両者の闘いではお互いに強力なサービスがあることから、サービスゲームをどちらが先にいくつブレークするのかが勝負の分かれ目であって、その意味で、軽く触れられている第7ゲームを大坂が2度目のブレークをしたことが勝敗に決定的な影響を与えたのであって、3度目の警告で大坂にまるまる1ゲームが与えられたといっても、このゲームはもともと大坂のサービスゲームであるので、このペナルティがゲームの帰趨に決定的な役割を果たしたというのは、間違いである。
その後の2ゲームの展開も単純に当初の予想どおり両者サービスキープをした結果、大坂1ゲームアップ(大坂2ブレークに対してセリーナ1ブレーク)のまま終戦を迎えた、ということになる。
セリーナが(2度目のブレークされた)第7ゲーム後に切れたのは、要するにもう第2セットも終盤に差し掛かってこのままでは勝てないということを痛烈に意識したからこその行動であって、切れたから負けたということではない。(2018/09/18 11:36)

コメント(8件)を読む/書く