• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

貴乃花親方の置き手紙

神事かスポーツか、問題の本質はそこにある

2018年10月6日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

貴乃花親方は突如、日本相撲協会を退職した。2014年撮影(写真:Atsushi Tomura/Getty Images)

 相撲界を巡る一連の騒動は、まるで「台風一過」のようにあっと言う間に過ぎていった。

 9月25日に引退届(その後、退職届となる)を提出した貴乃花親方は、記者会見を開き自身が内閣府に提出した告発状(のちに取り下げ)の内容について「事実無根の理由に基づいたものであることを認めなければならない」との要請を協会役員から受けたと主張した。そのことを認めなければ親方として協会内に残ることができないと感じた。それは譲ることができない。「無念」という言葉を何度も使いながら、踏み絵のような要求が引退の理由だと説明した。

 ここからの進展は早かった。10月1日に相撲協会の臨時理事会が開催され、貴乃花部屋の力士ら(10人)の千賀ノ浦部屋(元小結・隆三杉)への移籍が承認され、これをもって貴乃花部屋の消滅が決まった。同時に貴乃花親方が正式に協会を退職することになった。

 同日、会見を行った相撲協会の八角理事長は、千賀ノ浦親方や代理人弁護士を通じて、貴乃花親方と直接話し合うことを働きかけていたが実現できなかったことを明かした。「22回の優勝を成し遂げた立派な横綱で、大相撲への貢献は大きなものがあった。いつか一緒に協会を引っ張っていきたいと思っていた。このような形で相撲協会を去ることは誠に残念」と述べた上で「直接会って話ができなかったことを残念に思う」と語った。

 奇しくも、この前日(9月30日)には、騒動の発端となった横綱・日馬富士の引退相撲と断髪式が行われ、翌1日には両国国技館で大相撲・全日本力士選士権(トーナメント戦)が行われ、平幕の阿武咲(阿武松部屋)が横綱・稀勢の里を破って優勝した。予定されていた行事や会合を怒涛のようにこなした大相撲界は、現役横綱が暴行事件の責任を取って引退し、その一件で協会の対応を問題視した貴乃花親方も追い込まれたかのうように退職し、まるで両者が刺し違えるがごとくの結末を見ることになった。

 おそらくこの一件はこれで手打ちになるのだろう。なんとも物悲しい終わり方である。

 ただ、この問題の本質は、もう少し深いところにあってこれですべてが解決したわけではない。今回の騒動を「ある種の権力闘争」という見方だけで終わらせないためにも根底にある問題に触れておこう。

コメント16件コメント/レビュー

>それは、横綱の取り口にも通用することだろう。立ち合いで変化したり、奇をてらったりするような相撲は取らない。こうしたことは明文化されていなくても伝承で十分に伝わるものだ。しかし、これだけ国際化が進み、日本の若い世代も伝統的な文化や価値観を学ぶ機会が少なくなっている現状で、これをきちんと伝えるためには、今後いろいろなことを明文化する必要はあるだろう。

つまり、白鵬関は朝青龍関と本質的に同レベルであり、横綱として不適格だって事ですね。(2018/10/15 00:40)

オススメ情報

「青島健太「スポーツ社会学」」のバックナンバー

一覧

「貴乃花親方の置き手紙」の著者

青島 健太

青島 健太(あおしま・けんた)

スポーツライター

5年間のプロ野球生活の後、オーストラリアで日本語教師となる。帰国後、スポーツライター、テレビキャスターとして活躍。現在は、鹿屋体育大学、流通経済大学、日本医療科学大学の客員教授として教鞭をふるう。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>それは、横綱の取り口にも通用することだろう。立ち合いで変化したり、奇をてらったりするような相撲は取らない。こうしたことは明文化されていなくても伝承で十分に伝わるものだ。しかし、これだけ国際化が進み、日本の若い世代も伝統的な文化や価値観を学ぶ機会が少なくなっている現状で、これをきちんと伝えるためには、今後いろいろなことを明文化する必要はあるだろう。

つまり、白鵬関は朝青龍関と本質的に同レベルであり、横綱として不適格だって事ですね。(2018/10/15 00:40)

「弟子は我が子も同然」と言いつつ、結局は放り出して逃避。
貴ノ岩事件のときの貴乃花も、弟子を護る親方の態度とはとても思えない異様なものであった。
相撲協会側にはもちろん様々な問題点はあるが、貴乃花前親方に対して共感や同情は全くできないですね。

ただし相撲協会には言いたいことがあります。相撲協会がスポーツを目指すのであれば、まずは宗教法人と同じ扱いの、莫大な税金優遇措置を返上すべきでしょう。国からの補助金もね。
現在の状況、つまりこれら国からの優遇措置や補助金投入を考えれば「国技」を貫くべきであり、伝統を守って継承していくことこそが最優先です。
今の相撲協会を見る限り、興行収入目的だが既得権益は手放し無くないという、いいとこ取りを狙った卑怯な態度を感じます。(2018/10/12 14:25)

大リーグで「大きくリードしたチームが盗塁や送りバントをしないのは、負けているチームへの配慮だ。優位な立場や状況にある者は、姑息な手段を選ばない。」ということと、相撲での「それは、横綱の取り口にも通用することだろう。立ち合いで変化したり、奇をてらったりするような相撲は取らない。」は条件が異なる。大リーグの方は試合の決着がついたような状況での話で、相撲の方は試合が始まる前から技が禁止されている。横綱とて人間である以上、常に万全ではない訳で、ケガや調子が悪いこともある。横綱が負けることが最悪のケースだとするならば、負けないために、ルール上、認可されている技を使っているのに、最悪のケースを避けるために卑怯と称される技で勝つと、横綱らしからぬとのことで批判にさらされる。そもそも、二重ルールのスポーツなど存在しない。
国技の伝統芸能として生きるのか、世界のスポーツとして生きるのか、そろそろ明確に決めなければいけないのではないだろうか?
外国人が増えているのに、日本の伝統を押し付けているように見えて見苦しい。(2018/10/11 18:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長