• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

会社を潰した3代目社長の独白

事業縮小を嫌がる社員たちを説得できなかった

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

[1/5ページ]

2018年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内屈指の機械保有数を誇った部品メーカー、テラマチ(愛媛県西条市)。一貫生産で培った技術力で、「はやぶさ2」の搭載装置の開発にもかかわっていた同社が、2016年に経営破綻した。

 こうするほかなかったのか――。破綻から2年。3代目社長、寺町昌則氏が胸中を語った。 (破綻の経緯についてはこちら「『はやぶさ2』開発にかかわるも中国事業で破綻」)

「あの頃は頭の中がもうろうとし、会社はどこまで落ちていくんだろうと不安でならなかった」(写真/PIXTA、写真はイメージです)

 生産機械を800台も抱え、一貫生産しているといえば聞こえはいいですが、経営の実態は自慢できるものではありませんでした。祖父の時代から、多額の借金を重ねていたからです。1990年代や2000年代には何度も赤字に転落。技術力だけでは経営できないと強く痛感しています。

 テラマチは1933年に祖父が創業しました。当初は大阪で部品製造を営んでいましたが、戦火を逃れ愛媛に移ります。愛媛は住友グループ発祥の地で、町工場が集積する企業城下町。けれど、よそ者の祖父には冷たく、熱処理などを引き受けてくれる会社を探すのも一苦労だったそうです。

 そこで祖父は自前主義を掲げて、利益を積極的に設備投資に振り向けました。これが結果的に、一貫生産体制につながります。「テラマチに頼めば素材加工から組み立てまでしてくれる。一貫生産だからコスト競争力もある」と、お客様から重宝がられました。

 ただ、その分借り入れもかさんだ。職人肌の祖父は、新しいものを開発することに喜びを見いだすタイプ。利益が出たら最新設備をいくつも購入する。新しい機械によって技術を磨き、付加価値の高い仕事を取っていったのは事実ですが、財務は無頓着でした。

コメント4件コメント/レビュー

書いてある内容だけを見れば、凄く経営者に向いてない社長ですね(たぶん弟さんの方が向いていた)
周りは技術に信頼を寄せて、経営に問題があるから何とか助けようとしていたのに悉くを経営で無にしていた様に感じる(シャープに通じる)(2018/08/30 13:45)

オススメ情報

「破綻の真相」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

書いてある内容だけを見れば、凄く経営者に向いてない社長ですね(たぶん弟さんの方が向いていた)
周りは技術に信頼を寄せて、経営に問題があるから何とか助けようとしていたのに悉くを経営で無にしていた様に感じる(シャープに通じる)(2018/08/30 13:45)

どっかのアイドルの歌じゃないですが、目の前にいつもヒントがあり、紛れもない過去の答えがあるってことでしょうね。時代が変わっても自分が変わっていけないと、わかっていても変える事が出来ないと、規模の大小、企業、個人の差はあっても同じ道を歩む事になるかもしれません。(2018/08/09 21:08)

中国のせいで立ち行かなくなって、中国企業に買い取られちゃうという諸行無常さ加減に涙・・・(2018/08/09 20:12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

影響力がある方々の発信力や突破力につないで実現にこぎ着けるほうが多かった。

保岡 興治 元法相、自民党憲法改正推進本部特別顧問