• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「英語やり直し」を成功させる4つのアドバイス

いつか来た道に戻らないために

2018年4月21日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年もいよいよ新年度が始まりました。色々なことが新たに始まりますが、英語についても、この機会にしっかりとした力をつけていきたいと考えている方も多いことと思います。つまり、英語の学び直しです。新たな環境の中で心を一新して取り組むというのは、とてもいい機会だと思います。

 しかし、一方で「学び直しをする」ということは、一度うまくいかなかったということでもありますので、その原因をよく理解して再出発する必要があります。私が注意を払っていただきたい点はいくつかありますが、今回は中でも重要な4つの点についてお話ししたいと思います。

音声と組み合わせる

 1つ目は、何をするにせよ必ず音声と組み合わせた学習をするということ。リスニングテストが一般的になり、様々な音源に簡単にアクセスできるようなった今でも(いやそうなったからこそか)、いまだにリスニングとリーディングを別のもののように考えている人がいます。おそらくは「リーディングのリスニングテスト」(?)がないからでしょう。

 しかし、これはとても効率が悪いです。なぜなら、リーディングというのは「音声を文字で表したもの」を読み取る作業だからです。私たちが日本語で何かを読む場合には、文字が「絵」のように見えますので、この点をほとんど意識しないのですが、振り返って子供たちの勉強の様子を見ると、漢字やひらがなの学習はまず音読から始まります。読み方も分からないまま黙読の授業が進められることはありません。身に付かないからです。これは英語もまったく同じで、良文を、音声を聴きながら口に出して読み上げるようにすると、リーディングの基礎ができるだけでなく、スピーキング力にもつながります。

声に出す

 2つ目は、必ず声に出して練習することです。これについてはたった今触れましたが、リスニングのスクリプトやリーディングの文章を、音を聴きながら読み上げる、あるいは音を聴き込んだあとにそっくり真似して読み上げるーーこれがもっとも確実に英語が身に付くトレーニング方法です。ボ~っとしていると、ついスクリプトやリーディングの英文が口から勝手に出てきてしまう。これは「少し危ない状態」とも言えますが、そのぐらい練り上げると、あとで必ず「急激に英語力が上昇する」というボーナスがドンと来ます。

 今のIT時代の凄いところは、テキストを自動で読み上げてくれる機能やソフトがすぐ手の届くところにあるということです。リスニング教材はともかく、リーディングに関しては、英文を音読しようとしてもIT以前の時代ではその英文の音声を聴くことはまず無理で、CD付きの限られた書籍や雑誌を買う以外には方法がありませんでした。これはとてつもなく大きな違いで、言葉の本質が音である以上、まずは音(と意味)を頭に入れ、それをベースに読み上げて練習すると学習の効率は間違いなく上がります。

コメント2件コメント/レビュー

留学を目指して真面目に勉強を始めた者です。5か月ほどIELTS対策をしていてわかったことがあります。
おっしゃる通り、音読は重要だと思います。どれが自動詞でどれが他動詞で・・・という覚え方はまず無理があるし(少なくとも私には)、両方使える動詞もありますから、良い文章を音読して体に叩き込む以外にないだろうと感じています。このことに気が付いたのはつい先月なので、すぐに効果は出ないだろうと思っていますが。年内に何とか目標スコアに到達させたいと思います。
あとは、IELTS対策をしていると出題内容からイギリス人がどういう物の考え方をするのか、なんとなくわかってきました。言語を学ぶということは、その言語を母国語とする人々の文化や思考を理解することでもあるのではと感じています。
となると、そう簡単には習得できないだろうことは予想がつきます。「ちょっと英語でも」程度では無理でしょうね。明確な目標を定めて覚悟を決めないと。頑張ります。(2018/04/23 09:30)

オススメ情報

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「「英語やり直し」を成功させる4つのアドバイス」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

留学を目指して真面目に勉強を始めた者です。5か月ほどIELTS対策をしていてわかったことがあります。
おっしゃる通り、音読は重要だと思います。どれが自動詞でどれが他動詞で・・・という覚え方はまず無理があるし(少なくとも私には)、両方使える動詞もありますから、良い文章を音読して体に叩き込む以外にないだろうと感じています。このことに気が付いたのはつい先月なので、すぐに効果は出ないだろうと思っていますが。年内に何とか目標スコアに到達させたいと思います。
あとは、IELTS対策をしていると出題内容からイギリス人がどういう物の考え方をするのか、なんとなくわかってきました。言語を学ぶということは、その言語を母国語とする人々の文化や思考を理解することでもあるのではと感じています。
となると、そう簡単には習得できないだろうことは予想がつきます。「ちょっと英語でも」程度では無理でしょうね。明確な目標を定めて覚悟を決めないと。頑張ります。(2018/04/23 09:30)

こうした英語学習の本質的な問題点は、「効率よく英語を学びたい」という意識だと思う。効率よく学びたいと思うために、色々なテクニックに気を取られる。

しかし、20年以上も前に高校生の時に自分で勉強しただけで普通に海外で仕事ができている経験から言うと、英語学習に効率などはなくて、一番いいのは「興味と好奇心があることを英語で勉強する」ことだけだと思う。好きな映画なりドラマなり音楽なりインタビューなりをひたすら観て書いて聴いて外国人と話す機会を作ればいい。

「効率よく」やろうとする時点でサボり意識が出るし、その「効率」という甘い誘惑に乗るために誰かにお金を払うわけだが、実際にそれで効果が上がるとも思えない。(2018/04/21 18:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長