• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本語教育が教えてくれる英語教育の方向性

30年先を行く教育手法に学ぶ

2018年6月30日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、英語教育においては、「英語を英語で」「文法指導を簡潔に」「アクティブラーニングを」などといった言葉が飛び交っています。これらは、いずれもこれまでの英語教育の手法を根底から揺るがす指導法で、またICT(Information Communication Technology)の急速な発達もあって、関係者は文字通り手探りの状態になりながら、懸命にこれらの手法を理解し、授業に活かそうとしています。

 ところが、驚くべきことに、もう30年も前からこれらの方法を当たり前のように実践していた語学教育があるのです。それが、「外国人に対する日本語教育」です。

日本語教育の中身とは?

 私がこの事実を知ったのは、今から5年ほど前のことでした。私は長年「learner-friendly(学習者に優しい)」をコンセプトにして、詳細にわたる文法解説・演習を大前提とするこれまでの発想と全く異なる視点から「シンプルな文法」と「母語の活用」を2つの柱として、新しい英語教育の形を研究していたのですが、その中で、知人の紹介を得て「日本語教育」を専門とする先生と一緒に仕事をすることになったのです。

 そこで、まずはお互いの考え方を知ることからということになり、私は(いつものパターンなのですが)短刀直入に、文法の役割についてどう思うかと彼に尋ねたわけです。すると、彼はたいして驚きもせずに、「今でも例外なケースは残っていますが、基本的に日本語教育では文法を教えません。これは海外で日本語を教えるときも同じです」と言ってのけたのです。

 私は、唖然としました。灯台下暗しというか不勉強ここに極まれりというか、同じ日本国内で実施されている言語教育でありながら、英語教育の方では「文法指導の是非」について何十年にもわたって議論を交わしてきたというのに、日本語教育ではとうの昔にその段階をクリアーし、「文法を教えない教育」を展開しているというのです。

運用中心の学習

 彼は、それを「運用中心の教え方」と表現していましたが、それがどのようなものかというと、イラストなどを使い言葉が使用されている状況をはっきりとさせておいて、「こういう場面でこういう事を伝えたいときには、このような日本語を使う」という訓練を行うというのです。しかも、その訓練をできる限り、ペアやグループで実施するのです。生徒同士で音読させ合ったり、ロールプレイ(話者の役割を変えて会話する)させたり、互いにスピーチをさせたり、プレゼンやQ&Aを行わせたりして、徹底的に使わせることによって身に付けさせるというのです。

 文法的な練習がないわけではありませんが、英語教育のように文法解説で固め上げたようなものではなく、文型として、パターン・プラクティス的に練習するということでした。

コメント11件コメント/レビュー

私は複数の大学で日本語を教えています。この記事の「文法ゼロ」というのは,いささか誤解を招くと思います。もちろん学習者が手にする教科書の本冊には文法は視覚的にわかる程度(色で区別するとか)しかありませんが,ふつうは文法解説書が別に付いていて,学習者の母語日本訳されたものがあります。幼児ではなく,大人が学習する場合は,もちろん文法を理解しつつ,演繹的に学ぶほうが効率がいいのです。
もちろん,習ったことを口頭でパタンプラクティスからはじめて,ある場面で使えるように応用練習もしますし,4技能(読む、書く,聞く,話す)を使うこともします。
中級以上では,一般的に読み書きに重心が移り,高等教育への橋渡しとなります。その場合も,しっかりした文法知識は土台として必要で,決して教えないようなことはありません。文法用語だけに頼った解説はしませんが。
是非とも偏らない記事を書いてください。(2018/07/03 18:34)

オススメ情報

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「日本語教育が教えてくれる英語教育の方向性」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は複数の大学で日本語を教えています。この記事の「文法ゼロ」というのは,いささか誤解を招くと思います。もちろん学習者が手にする教科書の本冊には文法は視覚的にわかる程度(色で区別するとか)しかありませんが,ふつうは文法解説書が別に付いていて,学習者の母語日本訳されたものがあります。幼児ではなく,大人が学習する場合は,もちろん文法を理解しつつ,演繹的に学ぶほうが効率がいいのです。
もちろん,習ったことを口頭でパタンプラクティスからはじめて,ある場面で使えるように応用練習もしますし,4技能(読む、書く,聞く,話す)を使うこともします。
中級以上では,一般的に読み書きに重心が移り,高等教育への橋渡しとなります。その場合も,しっかりした文法知識は土台として必要で,決して教えないようなことはありません。文法用語だけに頼った解説はしませんが。
是非とも偏らない記事を書いてください。(2018/07/03 18:34)

補足です.「母語の活用」の教材としてWord by Word Picture Dictionary(書籍)の日本語版が非常に優秀なので,これを授業用の教科書にするだけでほとんどの問題は解決する予感がします.
モノやコトを絵で表現して,それらを日本語と英語を併記して解説してくれる良本です.(2018/07/02 12:19)

「極限にまで簡素化された文法」はCallan Method(学習手法)かBasic Grammar in use(書籍)の手法がまさにそれなので,教師がこれらをなぞるだけでほぼ解決できるような気がします.
「母語の活用」の点では日本語と英語をマッピングしてボキャブラリを学習するサービスが多数存在するので,特に教師が何をしなくてもこれらを活用するだけでなんとでもなるように思います.例えばiKnow(学習サービス)とか.(2018/07/02 12:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官