• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ 旦那は女房に給料を全て開示すべきか、否か

レビュー

とても参考になった
 

23%

まあ参考になった
 

17%

参考にならなかった
 

58%

ぜひ読むべき
 

21%

読んだほうがよい
 

17%

どちらでもよい
 

60%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

【編集・大竹】
皆様、コメントありがとうございます。ディスクローズ派が多数を占めるようですね。逆に言えば、「隠す」ことの前向きなメリットはあるのでしょうか。妻に知られたくない目的で使っていることを知られたくない、という後ろ向きな理由以外に、見当たらない気もします。(2018/02/13 17:06)

上田さんの回答は、心構えとしては分かり易いと思います。ただ相談者の不安は消えないような気がします。コメントにもあるように子供の教育費などやはり夫婦で話合っておくべきでしょう。収入全体を教えてもらえなくても、例えば学資保険で教育費をいくら貯める。などの話はできると思いますよ。
△さて、夫の収入を知る方法を一つ提案しておきます。それは奥さんが確定申告をすることです。子供の医療費がかかったので、税金がかえってきます。などの理由をつけて確定申告を行うのです。そうすれば夫は源泉徴収票をださないといけないので、年収は分かりますよ。(2018/02/08 21:16)

夫婦のどちらでも管理能力のある方が家計を担当すれば良いと思いますが、日常的に家事を担当している方が家計も担当するのが合理的です。何が必要で、どこが不便か、どこに無駄があるかなど、日頃実際に家事と家計を担当しているからこそ、正しく判断できるはず。

大きな支出は二人で相談すべきと思いますが、そういう判断も含め、ようするに家政能力は一朝一夕には身につくものでなく、経験と研鑽が必要です。家事も家計も重要な仕事であることについて認識も評価も足りないと思います。

専業主婦であれば、家政能力を要求されて当然ですが、中には向かない人もいるでしょうね。共働きであれば家政をいかに分担し、協力して遂行するか試行錯誤しながら自分たちの流儀を育てるしかない。夫婦の形は百組あれば百通り。自分だったら絶対無理、という形態で安定している(らしい?)夫婦もあるようですし、人の意見は参考にしてもいいけど、これが一番なんていう形はないと思います。(2018/02/08 20:09)

パートナーの収入を把握するのかしないのか。我が家は総資産、私の収入、妻の収入全てオープン。家計簿は私が付けておりこれもオープン。小遣制ではなく、必要なだけ自分で決めて使う。収支を見ながら両方で使い方を調整する。全部オープンにすると、楽ですけどね。一応死ぬまで収支バランスは作りました。それもオープン。(2018/02/08 17:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官