• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上司への“ゴマすり”は組織人には欠かせない

上司は選べない。嫌いな相手も乗りこなす機転が大切

2017年7月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ユニー・ファミリーマートHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、44歳男性の悩み。周囲の推薦もあって大企業への転職を成功させたものの、入社してみると上司の顔色をうかがう同僚ばかりで、しかもパワハラにも遭いノイローゼ気味に。上田さんが、組織人として生き抜く心構えを説く。
悩み:「転職先が、顧客を見ずに上司の顔色ばかりを見て仕事をしている組織でした。パワハラに遭って不眠症にもなり、今は業務量を減らしています。仕事とは、上司のためにするものなのでしょうか」

 20年近く、ある中堅企業で営業を担当してきました。一昨年、同じ業界の大手企業がマネージャーを募集していることを聞き、周囲に推薦されたこともあって中途採用試験を受験し、合格しました。

 ところが入社した途端、顧客を見ず上司の顔色ばかり見ている組織だと気づきました。パワハラにも遭い、不眠症になり、現在は業務量を減らして勤務することになりました。仕事とは、上司のためにするものではないと考える私の方がおかしいのでしょうか。最近悩んでいます。

44歳 男性(会社員)

大竹剛(日経ビジネス 編集):今回は、44歳の男性会社員からです。20年近く勤めた会社を辞め、同じ業界の大手企業にマネージャーとして転職したとか。しかし、転職先の職場の体質が、この方の働き方に合わないようですね。周囲は、上司の顔色だけを見て仕事をする同僚ばかりのようで、パワハラにも遭って、精神的にも苦しんでいるようです。

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):これはよくある話ですよね。上司の顔色ばかり見ているといった不満は、どんな組織にもあるものだ。いくら風通しのいい会社といっても、一部の社員は「あいつ、上司にばっかりゴマすって」とか、「上司の顔色を見て、うまいことやっている」なんていう気持ちを抱くものですよ。

 だけどよく考えてほしいな。会社、組織というものは、必ず上司がいるわけですよ。同僚も部下も、上司を自分では選べないんだ。一部には、上司を選挙で決めるという会社もあるかもしれないけど、一般的には自分では上司を選べない。

 それを踏まえたうえで、上司というのはどういう存在かを考えてみよう。上司の役割というのは、部下を管理し、業績を上げるために働きやすい環境を作り、指示を与えることだ。この方の上司はどういう方か知りませんが、彼はそういうことを経験してきて上司になった。そして、その人にも上司がおったわけだよね。それで仕事もきっちりやってきから、管理職になっているんでしょう。上司になっている人には、それなりの理由があるわけだよ。

大竹:まず、自分の不満は脇に置いておいて、この人が今、なぜこのポジションにいるのか、その理由を考えようと。

上田:ええ。やっぱり上司は上司で、キャリアアップしてきているわけですよ。そういった上司が彼に対していろいろな指示をしたり、あるいは仕事の仕方に対して不満を言ったりしているのでしょう。それに対して、上司を見ないで横を向いてしまっては、組織人としては勤まりません。

 ただ、この上司が強烈な個性の持ち主だったら、どうやって向き合うか、それなりの工夫が必要です。

コメント9件コメント/レビュー

論旨はわかるけれど、
「朱に交わって赤くなれ」で、
これからの人材難の時代、
その組織が生き残れるのか?
人材開発の新たな視座が欲しいところだ。(2017/07/12 16:52)

オススメ情報

「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」のバックナンバー

一覧

「上司への“ゴマすり”は組織人には欠かせない」の著者

上田 準二

上田 準二(うえだ・じゅんじ)

ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役退任。趣味は麻雀、料理、釣り、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

論旨はわかるけれど、
「朱に交わって赤くなれ」で、
これからの人材難の時代、
その組織が生き残れるのか?
人材開発の新たな視座が欲しいところだ。(2017/07/12 16:52)

上田さんの回答以外何もないと私も思いますね。

規模の大きい企業になればなるほど、個人の能力よりも会社での政治力が出世には
重要になってくる。
中小企業は縁故関係を除けば実力で簡単に上までいけるし、中途の人はこの辺に意識の違いがある。
相談者がどうしても現状を変えたければ、転職以外では
1.パワハラで訴えて、その上司を飛ばす
2.探偵を使って弱みを握り、立場を変える
3.起業する
読む限りではどれも無理だとは思いますが。(2017/07/12 15:44)

長く勤め人をやってきてわかってきたのが、自分に払われている給料の大半は自分が手を下す"作業"にはあまり支払われていないということです。そんなこと、多少能力のある人になら誰にでもできることで、いつでも代替がききます。

役職が上がれば上がるほど、自分の"作業"ではなく、他人をいかに巻き込んでいけるか、そして何か起きた時の責任の重さに対して給料は払われるようになります。上司/同僚/部下/社内別部門/社外の人をどう動かすか、できれば"動かして"いる感じにせずに、本人たちがやりたくてやっているように持っていけるか、です。その際、ゴマすりが有効な相手もいれば、ゴマすりを毛嫌いする相手もいます。相手の特徴を見極め、有効な言葉遣いを見極め、タイミングを見極める。同じことをしようとしても、この内のどれか一つでも間違えると物事が進まなかったりします。しかも怖いのは、その場で進まなかっただけでなく、セカンドチャンスなしに完全に"没"になってしまうこともあり得ます。

案件によっては、1か月、半年、数年眠らせておいた方がよい場合もあります。別に会社勤めで嫌な上司に当たった人だけに必要なスキルではなく、古今東西、なんらかの企てを成功裏に収めるために必要なスキルだと思います。(2017/07/12 15:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外のクラウドサーバーに データを預けると、企業秘密がその国に筒抜けになりかねない。

太田 大州 富士通シニアエバンジェリスト