• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「何でや」と重箱の隅突くトップはリーダー失格

家業を突然継いだ脱サラ社長に伝授する人心掌握術

2017年7月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ユニー・ファミリーマートHD相談役、上田準二さんの「お悩み相談」。今回は、亡き父が経営していた家業を継いだ45歳の男性の悩み。業績が低迷し、下がる社員の士気をどう高めるか。上田さんは、「まずは現場からホワイ=Whyを聞き出せ」とアドバイスする。
悩み:「亡くなった父から会社を引き継ぎましたが、業績が低迷し、社員もやる気を失っています。どうやって社内を盛り上げていったらいいのでしょうか」

 中小企業を経営していた父が亡くなり、後を継ぎました。サラリーマンとして働いてきて、まともにリーダーシップを発揮したこともないので、どうやって社員の心を掴めばいいのか、見当もつきません。業績も低迷していて、士気は低下しています。どうやって、会社を盛り上げ、社員のやる気を引き出していったらよいのでしょうか。

45歳 男性(自営業)

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役を退任。趣味は麻雀、料理、釣り、ゴルフ、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。(写真:的野弘路)

大竹剛(日経ビジネス 編集):今回は、父親から会社を継いだという、45歳、男性からのお悩みです。高齢化が進み、多くの中小企業経営者が後継者問題を抱えていると言われていますが、今回の相談者は父親が亡くなったことで、中小企業の経営を突然、引き継ぐことになったようです。ずっとサラリーマンをしていたということですから、勇気ある決断ですよね。ただ、業績が低迷し、社員の士気が低下してしまっています。盛り上げ上手の上田さんから、社員のモチベーションアップの仕方を教わりたいようです。

上田準二(ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役):この方は今、45歳のようだね。振り返ってみれば、その頃が一番、仕事ができた時期だね。

大竹:この方は、少し自信を失っているのかもしれませんね。会社を継ごうという決断ができるくらいですから、サラリーマンとしても、これまでしっかりと実力を発揮してきたのではないでしょうか。でも、まともにリーダーシップを発揮したことがないと、謙虚です。

上田:サラリーマンであれば、上司のパワハラに遭ったとか、上司の顔を見て仕事しなきゃいけなかったとか、会社は危機感を持ってないと不満を抱いたとか、40歳を過ぎれば、それまでに何だかんだといろいろな経験をしてきていますよね。でも、この方は、もうそんな話は一切、関係のない世界に飛び込んだ。今は、自分がトップでやっていかなきゃいけないんです。

大竹:そうですよね。

上田:そういうものを全部、自らが解決していかなきゃいけない立場になったことを、まず自覚する必要があるね。脱サラして、先代から会社を引き継いだのですから、もうやるしかない。

 さて、やるしかない中で、社員の心をどうやって掴むかと。これがまず、リーダーとしての第一歩なんですよ。

 では、どうすればいいのか。おそらく、この方がこれまで勤めていた会社というのは、大企業だったのかもしれない。大企業では社員にとって社長は遠い存在ですが、中小企業はそうじゃありません。あなた自身が日々、社員と同じ場にいなきゃいけない。まずそれが大事です。

 そして次に、勤務時間外、あるいは勤務時間を短縮してでもいいから、社員との懇親会を開くことです。しかも、頻繁にです。この方はそれまで他の会社にいたわけで、社員のことを知らないんだから。

 ただし、社員にとってその懇親会が負担になってしまってはいけないよね。だから、そうならないようにするには、自分から社員の輪の中に入っていくことを心がけるべきでしょう。そうした懇親会を通じて、社長に言いたいこと、会社に期待すること、自分の仕事に対する悩みだとかを聞き出して、それを吸収することですね。

 そうやって社員の思いを吸収した上で、今度は彼自身が、仕事のこと、会社のことをどう思っているのかを、自分の言葉で社員に向かって語っていかなければいけない。業績が悪いみたいですけど、悪いのは何が原因なのか、そして、それをどう改めたら、業績を上げていけるかということを語るんです。

コメント1件コメント/レビュー

面白かったです。

ビジネス書のような経営学的な経営論でもないし、酒の席で腹を割って話せばみんな着いてくる的な精神論でもなく、社員と話すのは何のためか、どのように何を話せば良いのかが、ちゃんと根拠と共に語られています。(2017/07/26 12:04)

オススメ情報

「お悩み相談~上田準二の“元気”のレシピ」のバックナンバー

一覧

「「何でや」と重箱の隅突くトップはリーダー失格」の著者

上田 準二

上田 準二(うえだ・じゅんじ)

ユニー・ファミリーマートホールディングス相談役

1946年秋田県生まれ。山形大学を卒業後、70年に伊藤忠商事に入社。畜産部長や関連会社プリマハム取締役を経て、99年に食料部門長補佐兼CVS事業部長に。2000年5月にファミリーマートに移り、2002年に代表取締役社長に就任。2013年に代表取締役会長となり、ユニーグループとの経営統合を主導。2016年9月、新しく設立したユニー・ファミリーマートホールディングスの代表取締役社長に就任。2017年3月から同社取締役相談役。同年5月に取締役退任。趣味は麻雀、料理、釣り、読書など。料理の腕前はプロ顔負け。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

面白かったです。

ビジネス書のような経営学的な経営論でもないし、酒の席で腹を割って話せばみんな着いてくる的な精神論でもなく、社員と話すのは何のためか、どのように何を話せば良いのかが、ちゃんと根拠と共に語られています。(2017/07/26 12:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長