• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リビング集合型学習で娘をスタンフォードに

在シリコンバレー経営者が明かす最強の家庭教育(前編)

2018年8月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載11回目に登場するのは、アメリカのシリコンバレーで、日米のベンチャー企業の発掘・育成を手がけるWiLの創業経営者である伊佐山元氏。19歳の長女が世界難関の米スタンフォード大学に入学。子どもたちの学習を支えているのは、毎晩にリビングでみんなが集まって学ぶことだと明かす。どのような子育て方針を貫いてきたのか、話を聞いた。今回はその前編。

■お知らせ■

日経ビジネスRaiseでは、子育てに関して、伊佐山 元氏(WiL共同創業者CEO)と小沼 大地氏(NPO法人クロスフィールズ代表理事)を招いた読者との対話会「日経ビジネスRaise Live」を開催します。参加ご希望の方は、記事最後の募集要項をご覧ください。

■日経ビジネスRaise Live
~起業家との対話会「子育ての未来」~

■日時 10月21日(日) 13:00~15:00
■場所 ランサーズ「新しい働き方LAB」(東京都渋谷区渋谷2丁目22-3渋谷東口ビル11F)
■詳細 募集に関する詳細へ
■応募 対話会の応募ページへ

伊佐山 元(いさやま・げん)WiL共同創業者CEO(最高経営責任者)。1973年東京都生まれ。1997年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(当時)に入行。2001年米スタンフォード大学大学院に留学。MBA(経営学修士号)取得後、2003年に退行。同年から米大手ベンチャーキャピタルDCMの本社パートナーとして勤務。2013年日米のベンチャー企業の発掘・育成を手がけるWiLを創業。取材時は45歳。米パロアルト在住。専業主婦の妻と、19歳の長女、15歳の長男、14歳の次男、9歳の三男の6人家族(取材日/2018年7月、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

伊佐山さんは日米のベンチャー企業の創生や育成に携わる第一人者として活躍されています。アメリカのシリコンバレーに生活の拠点を移したのは2001年。当時はまだ、日本人は珍しかったのではないでしょうか。

伊佐山氏(以下、伊佐山):はい。銀行の留学制度で、2年間の勉強のつもりでスタンフォード大学に留学したのですが、MBA(経営学修士号)を取得後、新しい産業が次々と生まれる秘密を理解するため、シリコンバレーに残ることを決めました。

 渡米した当時は娘が2歳、大学院を修了した頃には長男も生まれていました。アメリカで子育てをする選択も含めてチャレンジでしたが、夫婦で「何とかなるだろう。家族で一緒にサバイブしていこう」と決断しました。

 今でこそ、シリコンバレーのベンチャー企業で日本人を見かけるようになりましたが、当時はほとんどいませんでした。苦労もありましたが、振り返ってみると、「この業界で生き残るだけで価値がある。ダメなら日本で出直そう」という、ある種の割り切りがあったので、やってこられたのかもしれませんね。

改めて、ご家族構成は。

伊佐山:妻と子ども4人の6人家族です。妻は大学時代のテニス部で知り合った2歳下で、今は専業主婦ですが、もともとはNTTのエンジニアです。

 子どもは、上から大学2年生になる19歳の娘と、その下に息子が3人、15歳、14歳、9歳と続きます。にぎやかに暮らしています。

そのお嬢さんが、2017年にスタンフォード大学に入学されたとか。

伊佐山:世界の強豪が競う受験で、合格率は4%らしいので、僕も素直に強運だなと思いました(笑)。全学年通してもほかに日本人はいないらしく、孤軍奮闘しているようです。

 彼女はちょうど今、夏休みを利用して、アイディオの日本オフィスでインターンとして働いています。

オススメ情報

「僕らの子育て」のバックナンバー

一覧

「リビング集合型学習で娘をスタンフォードに」の著者

宮本 恵理子

宮本 恵理子(みやもと・えりこ)

ノンフィクションライター、編集者

「日経WOMAN」「日経EW」「日経ヘルス」の編集部に所属。2009年末にフリーランスとして活動を始め、主に「働き方」「生き方」「夫婦・家族関係」のテーマで人物インタビューを中心に執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問