• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子育ては生産性を強化する“強制リセット”

家事代行サービス「カジー」加茂社長の子育て論(後編)

2018年8月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載13回目に登場するのは、家事代行サービスを手掛けるベンチャー、CaSy(カジー)を経営する加茂雄一氏。妻の妊娠をきっかけに家事代行サービスを利用した経験から、家事代行サービスの必要性に気づき、カジーを立ち上げた。現在は1児の父親となった加茂氏は今、どのように日常の子育てや家事に向き合っているのか。話を聞いた。今回はその後編。

CaSy(カジー)代表取締役CEO(最高経営責任者)
加茂雄一(かも・ゆういち)氏。

1982年埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、公認会計士として大手監査法人に勤務。100社以上のベンチャー企業と関わり、株式公開などを手掛ける。妻の妊娠をきっかけに家事代行サービスを利用した経験から、「共働き子育て層がより気軽に使える家事代行サービスが必要」という気づきを得る。グロービス経営大学院在学中に同期の池田裕樹氏(当時、NTTデータ勤務のエンジニア)らと事業計画をまとめて、2014年、カジーを創業。現在、関東・関西・東北エリアを中心にサービスを展開する。会員数は約5万人。取材時、35歳。都内在住。社会保険労務士の同い年の妻、3歳の長女の3人暮らし
(取材日/2018年6月13日、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

娘さんにはこれから先、どんな経験をして、どんな力を身につけてほしいと考えていますか。

加茂:本人が自分でやりたいことを見つけて、目標に向かって進む道を楽しんでほしいですね。

 僕自身が起業した経験から感じるのは、やりたいことを実現するために必要なことは、たくさんの人を巻き込んでいく力でしょう。僕たちが男3人で家事代行サービス業を立ち上げた時も、理念に賛同してくれるスタッフを集め、力を借りることからスタートしました。

 そもそも家事が苦手な経営陣ですから、「サービスマニュアル」をどうやって書けばいいかも分かりませんでした。実際に現場に立つプロに主役になっていただいて、「どうやったら楽しんで働けるか」を一緒に考えてもらいました。

 どんなに学歴やスキルを備えても、1人でできることには限界があります。自分が実現したいことを周りに伝えて、力を貸してもらう。

 娘には、この「巻き込み力」が豊かに備わった大人に育ってほしいと思います。

「巻き込み力」がある人とない人の違いは何でしょう。

加茂:前向きであることだと思います。

 僕は会計士時代、100社以上のベンチャー企業に携わって、IPO(株式公開)の伴走なども多く経験してきました。順調に成長できる企業とそうでない企業の違いは何だろうと見ていると、経営者が、社員に対して明るく希望が持てるメッセージを発信しているかどうかが大きいと感じました。

 そう気づいていながら、僕自身は、自分の気持ちを明るく伝えることが苦手な方で、かなり努力しなければできません。

 あまり上手ではないのですが、先日のミーティングでも意識的にビジョンを言語化して伝えると、あとから社員が質問をしてくれたり、「加茂さんの思いを聞けてうれしかったです」と喜んでくれたりする。何度でも、繰り返して伝えることが大事なんだな、と改めて思いました。

 娘も僕に似て少し引っ込み思案なところがあるので、家の中では僕ができるだけ明るく反応して、彼女の発信力を引き出そうとしています。

オススメ情報

「僕らの子育て」のバックナンバー

一覧

「子育ては生産性を強化する“強制リセット”」の著者

宮本 恵理子

宮本 恵理子(みやもと・えりこ)

ノンフィクションライター、編集者

「日経WOMAN」「日経EW」「日経ヘルス」の編集部に所属。2009年末にフリーランスとして活動を始め、主に「働き方」「生き方」「夫婦・家族関係」のテーマで人物インタビューを中心に執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官