• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子育てと中小企業の経営はとても似ている

元祖・イクメン界リーダーが語った「新しいパパ」の実像

2018年8月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 40代以下の男性経営者に子育ての実践と哲学を聞き、男性の育児にまつわる新しい価値観を探る連載「僕らの子育て」。その書籍化に合わせて話を聞いたのは、12年前に父親支援のためのNPO「ファザーリング・ジャパン」を設立し、厚生労働省が掲げた「イクメン」の普及に貢献してきた安藤哲也さん。自身も3児の父として子育てに関わり続けている。

 時代がひと回りする間に、男性の子育てシーンはどう変化したのか。子育てに深く関わることで、男性のライフ&ワークにどんな影響があると分かってきたのか。これから先の、男性の働き方、生き方の未来像とは。この分野を見つめ続けてきた安藤さんに語ってもらった。

ファザーリング・ジャパン代表理事 安藤哲也(あんどう・てつや)氏 1962年生まれ。二男一女の父親。出版社、書店、IT企業など、9回の転職を経て、2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も仕事も人生も笑って楽しめる父親を増やしたい」と、年間200回以上の講演や企業セミナー、父親による絵本の読み聞かせチーム「パパ's絵本プロジェクト」などの活動で全国を飛び回る。子どもが通う小学校でPTA会長、学童クラブや保育園の父母会長も務め、“父親であることを楽しもう”をモットーに地域でも活動中。2012年には社会的養護の拡充と児童虐待、DVの根絶を目的とするNPO法人タイガーマスク基金を立ち上げ代表理事に就任。2017年、「人生100年時代をデザインする」をコンセプトにライフシフト・ジャパンを立ち上げ、代表取締役社長を務める。厚生労働省「イクメンプロジェクト推進チーム」座長、内閣府「男女共同参画推進連携会議」委員など、政府の各委員を務めるほか、「イクボス企業同盟」の企業ネットワークも推進する(インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)
本連載に登場した、気鋭のビジネスリーダーやプロフェッショナルなど10人の子育て論をまとめた『子育て経営学

子育て経営学』に登場するのは、第一線で活躍するビジネスリーダーばかり。あえて「40代以下」という年齢層に限って取材をしたところ、面白い共通点がいくつも見えてきました。例えば、彼らはSNS(交流サイト)にごく自然体の日常として子育て風景を公開し、会社の会議や出張を“子連れ”でこなしたりすることに躊躇がありません。「働く」と「育てる」が自然とミックスされている印象を受けました。

安藤氏(以下、安藤):SNSの普及は男性の子育て参加を加速させている条件でしょうね。

 昔は、「プライベートを一切見せずに仕事にまい進するのが男の美学」のように信じられていて、「娘の寝顔しか見ない生活をしていたら、いつの間にか成人しちゃったよ」という出世自慢が受け入れられる雰囲気がありました。つまり、男性の公私は完全に分断されていたんです。

 今の若い経営者は、ネット上に日常の子育ての楽しさや苦労を公開することが当たり前。一般の会社員クラスだけじゃなく経営層のワーク・ライフ・バランスや、ワーク・ライフ・インテグレーションが可視化される時代となりました。

 それを見た同世代やさらに若い層が、情報を蓄積して、「男性もキャリアをしっかり積みながら子育てできるんだ。それがカッコいいんだ」と信じられる流れができています。

 僕自身は長女が今年20歳になりましたが、20年前にはデジカメもなくて、子育ての楽しみや感動を周りにシェアするにも手段が限られていましたからね。この変化はすごく大きいと思いますね。

安藤さんから見て、今の40代以下の男性たちの育児の特徴は。

安藤:「ワーク・ライフ・バランスを充実させるのは当たり前」という価値観がとても広がっていると思いますね。経営者ともなると、会食があったり、海外の取引先との深夜のオンライン会議などが頻繁に生じたりするものですが、うまく効率化をはかって子育てを諦めていません。

 僕は朝の保育園送りを10年以上やってきましたが、年々、パパの姿が増えてきた印象です。

 多忙でも子育てと仕事を両立しやすいツールやテクノロジーが増えてきたという環境変化も大きいでしょう。

 僕はフルタイムで働く妻とのスケジュール調整は、生協で買った紙のカレンダーでやりくりしていましたが、自宅でカレンダーを見ないとお互いの予定を確認できないので連絡ミスも多かったんです。

 今は「Googleカレンダー」のようなクラウドサービスを活用して、どこにいても夫婦で予定を調整し合える世の中になりましたよね。新米パパでも「なんとかやっていけそうだ」とスタートラインを切りやすくなっているし、非常にスマートに子育てを楽しんでいるのが、彼らの特徴だと感じています。

オススメ情報

「僕らの子育て」のバックナンバー

一覧

「子育てと中小企業の経営はとても似ている」の著者

宮本 恵理子

宮本 恵理子(みやもと・えりこ)

ノンフィクションライター、編集者

「日経WOMAN」「日経EW」「日経ヘルス」の編集部に所属。2009年末にフリーランスとして活動を始め、主に「働き方」「生き方」「夫婦・家族関係」のテーマで人物インタビューを中心に執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問