• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「禁煙できなくて…」は昔話、7割成功の治療法

喫煙はニコチン依存症という病気、禁煙補助薬でイライラ抑制

  • 荒川直樹=科学ライター

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年5月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

大手建設会社に勤務する32歳。自他ともに認めるヘビースモーカーだ。喫煙が体に悪いことはよく知っているし、タバコを止める機会も何回かあった。例えば、結婚したとき奥さんに「私とタバコとどっちが大事なの」と詰め寄られたが、タバコの誘惑には勝てなかった。奥さんは、このことを根に持っているようで、夫婦げんかの最後はいつも「どうせ私なんか……」の恨み節。それがストレスになって、またタバコに火をつけてしまう自分が情けない。そんなオレに再び転機がやってきた。初めての子供が生まれたのだ。そのかわいらしい寝顔を見ていると、とても近くでタバコなんて吸えない。これを機にキッパリとタバコを止めてみせるぞ。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 国内で喫煙習慣のある人は約2000万人。喫煙率は男性で約30%、女性で約10%(2016年JT調べ)だ。健康問題や喫煙場所の制限などもあり、喫煙者の半数が禁煙したり、吸う本数を減らしたいと考えているというが、なかなか思うようにいかないものだ。苦労して1カ月も続けた禁煙が、ジャズの流れるバーで1本手を出して台無しといった経験を持つ人は少なくないだろう。

禁煙はニコチン依存症という病気の治療

 なぜ、タバコはなかなかやめられないのか。順天堂大学附属順天堂医院で禁煙外来を担当している嶋田奈緒子医師は「喫煙はニコチン依存症(ニコチン中毒)という一種の薬物依存症である」と話す。そのため、かつてのような精神論的禁煙じゃとても太刀打ちできない。イライラなどつらい離脱症状(禁断症状)で苦しむことが多いうえ、禁煙成功率も高くなかったのだ。

 そのため、現在の禁煙外来は「ニコチン依存症は病気」という観点で治療が行われている。従来の禁煙と異なるのは、禁煙補助薬(貼付薬や内服薬)を上手に使うことにより離脱症状を和らげ、無理なくタバコを止められるようになったことだ。また、禁煙は病気の治療という考え方に基づき、多くの医療機関で健康保険を使って禁煙治療を受けられるようになった。

 自己負担が3割の人は、使用する薬にもよるが3カ月の治療スケジュールで1万3000~2万円程度。禁煙治療に支払う費用の方が一般的な喫煙者のタバコ代より安いのである。禁煙をしたいと考えている人は、一度、禁煙外来で相談して、自分に合った禁煙方法を探すといいだろう。

コメント3件コメント/レビュー

70になる父が、喫煙が原因の食道癌になったため、禁煙を言い渡されました。
禁煙外来に通って、ニコチンパッチ貼って、癌手術の頃には一旦禁煙状態になってましたが…。
数ヶ月で元通り。

タバコが原因の大病しても、ちっとも反省しないんです。
でも、反省を促したところで無理なのかもしれません、精神的依存症ならば、容易に解決するものではありません。

あきらめて、アイコスなどの電子タバコを勧めようか悩んでるところです。
せめて、タールが出ないタバコの方がマシだろうと思うので。

禁煙業界で、電子タバコの立ち位置がどうなっているのか、知りたい所です。
私自身喫煙者ではないので、はたして禁煙の代替として勧めても良いものなのか。

7割成功といいますが、長期的に見ると失敗している人も多いのではないかと思います。
「禁煙なんて簡単だ、俺なんか何度もしてる」という冗句もあるぐらいですしね…。(2017/05/22 12:29)

オススメ情報

「誰にも言えない…オトコのお悩み相談室」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

70になる父が、喫煙が原因の食道癌になったため、禁煙を言い渡されました。
禁煙外来に通って、ニコチンパッチ貼って、癌手術の頃には一旦禁煙状態になってましたが…。
数ヶ月で元通り。

タバコが原因の大病しても、ちっとも反省しないんです。
でも、反省を促したところで無理なのかもしれません、精神的依存症ならば、容易に解決するものではありません。

あきらめて、アイコスなどの電子タバコを勧めようか悩んでるところです。
せめて、タールが出ないタバコの方がマシだろうと思うので。

禁煙業界で、電子タバコの立ち位置がどうなっているのか、知りたい所です。
私自身喫煙者ではないので、はたして禁煙の代替として勧めても良いものなのか。

7割成功といいますが、長期的に見ると失敗している人も多いのではないかと思います。
「禁煙なんて簡単だ、俺なんか何度もしてる」という冗句もあるぐらいですしね…。(2017/05/22 12:29)

私は非喫煙者ですが、同僚から止めたいのに止められないという悩みを聞き禁煙外来を進めましたが、お金がかかると躊躇しているようでした。
タバコ代より治療費が安くても、失敗したときのことを心配しているとのこと。
成功率が7割から10割(ゼンインセイコウ)になれば、二の足を踏む人も始められるのかなと感じました。
そんなことが可能かはわかりませんが。(2017/05/22 12:20)

精神論で23年前に禁煙した者です。禁煙は気合で乗り越えなければ、元の喫煙者にすぐに戻ってしまいます。
ですので、薬に頼って禁煙しようとする喫煙者は、基本的に禁煙できないのではないのでしょうか。
この施行に保険料(税金)をかけるのでしたら、たばこの値上げの方が禁煙効果がありそうです。
一箱\3,000とか\5,000ぐらいにしたら、税収アップとタバコを止める人が増え、禁煙施行の保険料(税金)も必要なく一石三鳥ではありませんかね。
その高価な価格でもタバコが必要な人、吸いたい人はいますので、現状に支障はないと思います。
それとも既存の喫煙者に禁煙喫煙を繰り返させることで禁煙薬を消費させ続けて製薬会社だけが儲かる仕組みを作るのが、この施行の目的でしょうかね~。(2017/05/22 09:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長