• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事で飲み会が多い人のための睡眠改善法

酒席前に予防の一杯、午後の商談前には“攻めの眠り”

  • 伊藤和弘=フリーランスライター

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年6月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

接待などの酒席が多いと、アルコールの摂取によって睡眠の質が悪くなり、帰宅時間が遅くなることで睡眠時間も少なくなりがちだ。(c)PaylessImages-123RF

飲み会前の野菜ジュースがその日の睡眠に効く

 営業部など接待をすることが多い職種の人は、どうしても酒席が多くなりがち。アルコールは睡眠の質を悪くするし、帰宅時間が遅くなることで睡眠時間も少なくなってしまう。そこで今回は、DeNAや吉野家など多くの企業で睡眠のコンサルタントを行っているニューロスペースの小林孝徳社長に、「飲み会が多い」ビジネスパーソンの睡眠改善法を教えてもらった。

 お酒を飲むと眠くなることから誤解している人も多いが、アルコールは快眠にはつながらない。大量に飲むと寝つきは良くなるが、交感神経が働き睡眠が浅くなったり、利尿作用で夜中に目が覚めやすくなってしまう。実際、酒を飲む機会の多い人が睡眠の質の低下に悩むケースは多いという。

 「基本は深酒をしないこと」と小林さんは話し始めた。加えて注意したいのは、お酒を飲む前の下準備だ。特に、多くの人がやっている「すきっ腹にビール」がいけないと、小林さんはいう。これが、その晩の睡眠の質に影響するそうだ。

 「空っぽの胃にビールを流し込むと、アルコールの作用が強く働きやすくなります。その前に野菜ジュースやミネラルウォーターを飲んでおくと、アルコールの吸収をゆるやかにできます。私はトマトジュースを愛飲していますが、水を飲んでおくだけでも、睡眠への悪影響を少なくしてくれるでしょう」(小林さん)

[画像のクリックで拡大表示]

オススメ情報

「ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

貧乏な家に育ったから、とにかくお金に飢えていた。

神田 正 ハイデイ日高会長