ケーススタディ

慶応と藤沢市がゴミ収集車100台に環境センサー、カメラも搭載し路面やゴミ量の把握へ

2016.06.23

公共 運用・サポート 業務最適化 気象 カメラ・画像

慶応大学は神奈川県藤沢市とともに、IoTを活用した大気情報の収集やゴミ収集の最適化に乗り出している。今年6月中に100台のゴミ収集車へのセンサーの設置を完了する。今後、収集車にカメラを取り付けて、路面の劣化などの状況を把握したり、各家庭で出すゴミの量を推測したりする計画だ。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。