ケーススタディ

不動産の取引価格をビッグデータで推定、サービス相次ぎ独自モデルで競い合う

2015.09.11杉本 昭彦

その他 経営企画・事業開発 事業創出 オープンデータ

 データ解析サービスなどを手がけるおたに(横浜市)は9月11日、オープンデータを活用した不動産価格の推定サービス「GEEO(ジーオ)」の有償版「GEEO Pro」の提供を開始した。予測精度と使い勝手を向上させ、不動産会社や投資家の利用を見込む。情報サイト運営のリブセンスやネクストも推定価格の情報提供を開始しており、不動産取引の“常識”が変わっていく可能性がある。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。