ワールドリポート

「NIPS2017」に見るディープラーニングの光と影、ゲーム最強AI誕生や“錬金術”への警鐘も

機械学習カンファレンス「NIPS2017」報告

2017.12.21長谷川 貴久=パロアルトインサイト

世界最高レベルの専門家が集う機械学習カンファレンス「Neural Information Processing Systems(NIPS)」が2017年12月4日から1週間、米ロサンゼルスで開催された。同会議で注目を浴びた話題を報告する。太陽がエネルギーを作り出す環境を再現するフュージョンへの機械学習応用、自己対局を繰り返すゲーム最強のAI誕生や一度見ただけで真似できるロボットなど社会的インパクトの大きい「光」の面があった一方、人を分類することが危険につながるという「影」の面に警鐘を鳴らす発表もあった。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。