キーパーソン

AIによりクラフトマンシップは価値を失う 人に求められるのは文脈作り

ライゾマティクス取締役 真鍋大度氏

2016.03.02杉本 昭彦、中村 勇介=日経デジタルマーケティング

ライゾマティクス取締役の真鍋大度氏は、Perfumeのコンサートの演出サポートなども手掛けるメディアアート分野で注目の人物。人工知能の活用にも取り組む同氏に、その可能性などを聞いた。

真鍋 大度 | Daito MANABE
ライゾマティクス取締役。2006年にライゾマティクスを設立、15年よりR&D的要素の強いプロジェクトを手掛けるライゾマティクスリサーチを石橋素氏と共同主宰。プログラミングとインタラクションデザインを駆使して、様々な分野のアーティストと共同プロジェクトを手掛ける
Photo by Shinji YAMADA

ライゾマティクスではどんな事業を手掛けているのか。

 メディアテクノロジーを利用したアート、新たなデジタル技術を活用した広告やエンターテインメント、企業の研究開発における、プロトタイプの開発の支援といった分野で活動している。

 アートだけは若干毛色が異なるが、ある種、新しい技術のR&D的な扱いとして位置づけている。新しい技術を使って、美術的な表現を作ることにこだわっている。

 メディアアートで培ったノウハウを広告やエンターテインメントなどに応用していくことで、新しい広告表現の実現や、消費者に新しい体験を提供していくことを目指している。

人工知能(AI)によるDJなどにも取り組んでいる。AIの可能性についてはどう見ているのか。

 我々がこれまでアートのフィールドでやっていたような実験的な取り組みが、ビジネス領域でも実施されるようになり始めているように思う。

 例えば、三越伊勢丹ホールディングスは伊勢丹新宿本店で、カラフル・ボード(東京都渋谷区)が開発したファッション特化型のAI「SENSY」を活用した接客の実験をした。店員がAIの助けを得て、より来店者の好みに合わせて最適な商品を提案する。当社もSENSYのUIに携わっている。

 このような取り組みに成功の確証はない。まだ不備が残る可能性があるサービスでも世に出して、大勢を巻き込み実験をする。新しい仕組みを開発しても、実際に人が利用してデータを取得しなければ評価もできない。そうした実験が増えていることは、とても興味深い状況だと思う。

AIの選曲で全員がダンスフロアへ

データによる評価が重要というが、例えば、自身で取り組んだAIを利用したDJの成否はどのようなデータで評価するのだろうか。

 まず、AIによるDJには私の過去のプレイリストのデータと来場者のプレイリストのデータを使う。これらのデータを使い、AIが自動的に選曲する。本DJイベントの共同主催者は、世界中のプレイリストを集めて、Aという曲の次には、Bという曲が高い確率で流れるといったグローバルなデータを使ったAIによるDJに取り組んだ。

印刷

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。