今月のビジュアライゼーション

165万件のオークション取引データで判明、落札率No.1アーティストはBABYMETAL

2016.09.26中村 泰之=オークファン

ビジュアライゼーション

国内オークション市場の取引データを、過去10年分300億件以上蓄積しているのがオークファンだ。オークション独自の指標「落札率」「入札数」といった新たな切り口から、音楽アーティストの人気を分析した。

 音楽アーティストの人気を示すのは、音楽チャートの順位やライブ動員数が定番の指標となっている。

 その一方で、オークションのように個人が主観に基づいてプライシングできる二次流通市場では、需要と供給が交わる“価値”により、隠れた人気アーティストが浮き彫りになるのではないだろうか。

 そんな仮説の下、国内最大級のショッピング・オークション一括検索・比較サイト「aucfan.com」を運営するオークファンは、インターネットオークションに取引データから音楽アーティストの人気動向を分析した。

 ネットオークションのデータを過去10年にわたり300億件以上蓄積し続けているが、今回は、2015年1月~2016年8月のネットオークションの音楽カテゴリーの取引データ165万件を使って、アーティストごとのオークション市場での立ち位置を可視化した。対象アーティストは落札商品数の多い上位30組に絞った。

AKB48と嵐の人気が目を引く

 まず市場を俯瞰するために、月ごとにアーティスト別の落札商品数をエリアチャートで表した。同チャートは、多くの項目の推移を色の面積によって比較しやく、積み上げによって全体の推移も分かるのが特長だ。

アーティスト別の落札商品数をエリアチャートで表した

 まず目を引くのは、AKB48と嵐の占める大きさ。メディアで目にしない日はない彼らの存在感は、オークション市場でも顕著であることが分かる。

 子細に見ると、突如落札数が増えているアーティストがいる。解散騒動に揺れるSMAPだ。報道のあった2016年1月と8月に落札数が急増した。解散など、希少価値が上がりそうな事件が起こるとオークション市場も反応するとみられる。

 懐かしいアーティスト名も多い。これは、ネットオークションのユーザー層に起因しているであろう。スマートフォンを使うフリマアプリが若年層を中心に普及しており、そちらと比較するとまた違った傾向が出るだろう。

落札率が50%超のBABYMETAL、星野源

 落札数で人気を分析したが、それだけではアーティスト人気の一面しか映していない。需給状況や熱心なファンの存在を「平均落札率」や「平均入札数」も用いて探った。

 平均落札率はアーティストごとに、落札された商品数を出品された商品数で割ったものである。CDを入手したい人と手放したい人の需給状況を示すと言える。

 アーティストの人気の大きさ見る落札商品数(横軸)と、平均落札率(縦軸)でプロットして、クラスタリングした。なお、嵐とAKB48は落札商品数が極端に多いため、横軸を加工している点に注意してほしい。

 円の大きさは平均入札数を表している。入札数の多さがオークションの盛り上がりを測る指標の一つと言える。

 クラスタリングには、与えられたデータを複数のグループに分割するアルゴリズムであるk平均法を使った。

落札商品数(横軸)と、平均落札率(縦軸)でプロットし、クラスタリング分析した。円の大きさは平均入札数を表す

 実際に図を読み解いてみよう。右上に近い、つまりオークションでたくさん落札されていて、かつ落札率も高ければ、大きな需要があると考えられる。嵐は落札率は35%程度と30組中6位に入り、平均入札数は最も多く、7万件近い落札件数も相まって、総合的にオークション人気No.1のアーティストと言えよう。

 落札率に着目すると、女性3人組メタルダンスユニットのBABYMETALが最も高く、星野源とともに50%を超える落札率であることが分かる。乃木坂46は落札率は50%にわずかに及ばないものの、落札商品数がAKB48、嵐に次いで多く需要は大きい。星野源とBABYMETALは落札商品数が多くはないものの落札率同様に平均入札数も多く、局所的に注目されている、熱心なファンが多いアーティストとみることができる。

 アイドルグループでは、女性アイドルグループより男性アイドルグループの方が平均入札数が高い傾向にある。入札競争の激しさが推測できる。

星野源は紅白出場で取引が活性化か

 さらにこれらのアーティストがどの時期に注目されていたか、平均落札率、平均入札数からバブルチャートを作成した。色は平均入札数を示しており、青いと少なく、赤いと多いことを表す。円の大きさは平均落札率を表している。アーティスト名は上から落札商品数が多い順に並んでいる。

 2015年にバブルの色を青から赤へ変えて、平均入札数を増やしていったアーティストは関ジャニ∞だった。嵐は常にバブルが赤く、高い平均入札数を保っており、オークション市場での高い人気がここからもうかがえる。

 先に星野源やBABYMETALの局所的な人気を指摘したが、星野源は、特に2015年末から2016年頭にかけて平均入札数が増え、平均落札率が高まったことが分かる。紅白歌合戦に出て一挙に注目を集めたとみることもできる。

 オークションのような二次流通市場は、一次流通の店頭とは異なる価値感で取引が積み重ねられている。こうしたデータからプライシングやブランディングのヒントを見つけ出すことができれば、音楽ファンへ新しい価値提供ができるのではないだろうか。

平均落札率、平均入札数からバブルチャートを作成した。色は平均入札数を示し、アーティスト名は上から落札商品数順に並べた

中村 泰之 | Yasuyuki NAKAMURA
オークファン 技術統括部データインフォメーショングループ 分析担当。商品や価格のデータから新たな価値を生み出す研究開発に従事。

印刷

日経ビッグデータの最新号

3月号特集

オンリーワンデータで成長戦略を描く

現場に出向けば、価値あるデータを創出できる

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ

日経ビッグデータのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経ビッグデータ」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。データ活用やAI関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。