入門! ホムパの達人

飲食店御用達のなんでも屋「テンポスバスターズ」を探検! ホムパ向けの掘り出し物を見つけよう

第9回:テンポスバスターズで鍋をゲットし、韓国料理ホムパを楽しもう(前編)

文:崎谷 実穂 / レシピ&料理:and recipe / 写真:村上 未知(特記なき写真) 02.19.2018

  • ギャラリー1
  • ギャラリー2
  • ギャラリー3
  • ギャラリー4
  • ギャラリー5
  • ギャラリー6
  • ギャラリー7
  • ギャラリー8
  • ギャラリー9

この連載は、内向的でおよそパリピ(パーティーピープル)とは無縁の30代ライター崎谷が主人公。彼女が「ホムパ(ホームパーティー)の名人」にしごかれ、パーティー料理を自在に披露できる“ホムパの達人”になるまでを追うストーリーである。今回の舞台は、厨房機器や食器など飲食店向けのあらゆる物がそろう「テンポスバスターズ」。これまでも、ホムパ名人こと、and recipeの料理人・山田英季さんに「その素敵なお皿どこで買ったんですか?」と聞くと「テンポスだよ」という答えがよく返ってきていた。いったい「テンポスバスターズ」とはどういう場所なのか。呼び出されたのは、テンポスバスターズ幕張店。だだっぴろい郊外の風景に戸惑う崎谷、いったいどうなる……?

崎谷 とりあえず、南船橋の駅を出てみたけど……。

崎谷 なんかすっごくいい天気だけど……。

崎谷 IKEAとかあるけど…… 本当にここで降りてよかったのかな……?

崎谷 とりあえず、Google マップを頼って歩いてみるか……。人がいないよ……。

(20分ほど歩く)

崎谷 ぬぬ、どうやらこの辺らしいぞ。

崎谷 あった! す、すごい倉庫感……!

山田 はっはっは、よく来たな。

山田 ここがテンポスバスターズ幕張店じゃ!

崎谷 だいぶ郊外ですね。本当にお店があるのかな、と不安になっちゃいましたよ。

山田 都心からだと、新宿店とかアキバ店のほうが行きやすいですね。でも幕張店の品ぞろえはピカイチなので、今日はここに来てもらいました! 早速、店内に入りましょう。

崎谷 もう、店の入り口前に「ご自由にお持ちください」のカゴが並んでいる……! 小鍋の蓋がたくさんあるぞ。どんな物が見つかるだろう、楽しみだなあ。

ABアプリ