海外酒場事情

ウラジオストクの“驚愕”のカニフェスタ、10月25日からシーフード三昧始まる

文:中村 正人/写真:佐藤憲一 10.15.2018

日本海に面したロシアの港町、ウラジオストクで10月25日からカニフェスタが始まる(11月5日までの予定)。これは市内に数あるシーフードレストランが日本海やオホーツク海でとれたタラバガニや毛ガニを旅行客に思う存分食べてもらおうと、毎年この時期に開催するイベントだ。

このイベントを始めたのは、ウラジオストクの新しいグルメの潮流を提唱しているレストラン「ポルトカフェ」。同店で味わえるのは、日本海で水揚げされた海鮮をふんだんに使った料理で、「パシフィック・ロシア・フード」と呼ばれている。

「パシフィック」とは言うまでもなく太平洋のことで、モスクワやサンクトペテルブルクのあるヨーロッパ側ではなく、「パシフィック・ロシア・フード」は太平洋(実際には日本海)に開かれた極東ロシアのローカル素材を使ったグルメというわけだ。

顔二つ分はありそうな巨大タラバガニ

メインは、ロシア人女性スタッフの顔ふたつ分はありそうな巨大なタラバガニ。軽く塩茹でしてあるだけで、身は少々大味に感じる人もいるかもしれないが、これを目の前に出されれば、たいていの日本人は無言で食らいつくだけだろう。

生け簀から取り出してくれたタラバガニ。毛ガニもある。日本人にはこちらが人気

「ポルトカフェ」で味わえるフルコースを紹介しよう。いわばロシア版「カニ尽くし御膳」である。

ウラジオストクのシーフードレストラン「ポルトカフェ」のカニ尽くしフルコース

手前左から時計回りに説明すると、まずナマコの酢漬け。実はウラジオストクの中国名は「海参城」(ナマコの町)。海岸沿いではナマコが豊富にとれるのだ。プリプリと口の中で踊る新鮮さに加え、さわやかなロシア風ビネガーの味付けは日本人の口に合う。

ロシアでナマコを食べられるのはウラジオストクくらいだろう

次は生ホタテ刺し。日本風にちょこっとわさびが添えられているが、レモンをさっとかけて食べるだけ。

生ホタテは今が旬だが、5月はムール貝、7月は生ガキのフェスタもある

そして、ロシアの代表的なスープのひとつ、ウハ―。ヨーロッパに近い地域では肉入りもあるそうだが、パシフィック・ロシアではサケやタラなどの白身魚になる。香草を入れて臭いを消した魚ダシの淡いスープのほのかな味わいにホッとする。

ロシア風シーフードスープのウハ―

右に回って、同じ極東ロシアのハバロフスクに工場のある地ビールのバルチカの生。そしてアジア風ピリ辛トマトスープ。素材は魚と野菜だが、基本ロシア料理にはスパイシーな味はないので、このスープは近隣アジアの影響を受けている。

これだけのカニを使うサラダはウラジオストクならでは
チゲ風のトマト入りシーフードスープはパシフィック・ロシアらしい味覚

最後は、タラバガニを豊富に使ったオリヴィエサラダ。細かく角切りにしたジャガイモやニンジン、ピクルスなどをミルフィーユ状に重ねてつくるロシア風サラダだが、ウラジオストクでは肉の代わりにカニを載せる。