日帰り飲みの旅~首都圏~

足立市場「とくだ屋食堂」:宝探しの気分で贅沢な海鮮を味わいながら「市場飲み」

文/写真:日本食文化観光推進機構 02.04.2019

市場といえば、先日築地から移転した豊洲市場が有名ですが、実は東京にも様々な市場があり、市場にある食堂で食事が楽しめることをご存じですか。「そんな穴場的な市場で美味しいビールが飲みたい!」。そうお思いのあなたへ、今こそ「市場飲み」をオススメします。今回は東京の足立市場にある「とくだ屋食堂」をご紹介します。きっと、楽しい時間が過ごせるはずですよ。

時代の流れの中で市場の雰囲気も変わりつつありますが、今でもそこには昔ながらの市場の姿が残っているはず。私たちの食を支える市場でのご飯と美味しいビールに舌鼓。いつもと違う雰囲気でビールを楽しんでみましょう。

足立区千住大橋、ここには足立市場があります。あまり知られていませんが、足立市場は都内で唯一の鮮魚専門市場。歴史をさかのぼると、江戸時代から幕府の御用市場としてのルーツを持つ由緒ある市場なのです。

その足立市場にある「とくだ屋食堂」は海鮮丼が人気の食堂。市場で働く人の胃袋を満たすのはもちろん、観光客も多く訪れるとのこと。今回はこちらで「市場飲み」です。


まずはキラキラのイクラをつまみに乾杯!

鮮魚専門市場となれば、市場食堂としては新鮮な海産物に期待が膨らみます。

メインは海鮮丼ですが、最初はおかずとつまみで乾杯です。


まずはだしの利いたイクラ。子どもの頃に“赤い宝石”と呼ばれていたことを思い出すキラキラのイクラです。


明太子は正統派。ピリ辛で、定番のおつまみです


市場食堂の揚げ物にも期待が高まります。こちらの揚げ物の定食は「お好みフライ2点定食」。6種類のフライの中から2品を選択でき、このおかずのみを注文しました。選んだのはカキと鰆(サワラ)。手前がカキフライ、奥の大ぶりなのが鰆のフライです。衣がサクサクで新鮮な素材がカラッと揚がっています。

お好みフライ2点定食は900円