日帰り飲みの旅~首都圏~

東池袋「伊東食堂」:老舗大衆店で美味しいビールを「食堂飲み」、 コスパも最高!

文/写真:日本食文化観光推進機構 11.29.2018

会社の近くのお気に入りの食堂で、あるいは出先で見つけた食堂で、あわただしくランチをすませて仕事に戻る。そんな毎日が続く中、「お気に入りの食堂で何も気にすることなく美味しいビールが飲みたい!」と思いませんか? そんなあなたへ、有休をとってでも行く価値のある「食堂飲み」をご紹介します。「食堂飲み」の2回目は東京・東池袋の人気老舗「伊東食堂」です。

東京メトロ有楽町線の東池袋駅から徒歩4分。こう聞くと高層ビル街にありそうですが、サンシャインシティは近くに見えるものの、驚くほど静かな場所にお店があります。地元で人気の「伊東食堂」は昭和6(1931)年に天ぷら屋として創業した老舗食堂。なんと戦前からやっています。


現在は三代目が切り盛りするメニュー豊富な食堂。魅力的な定食メニューが並んでいますが、おかず単品でも注文できます。

それもそのはず。メニューの表紙には「ひるはごはんでよる乾杯」と書かれています。

すなわち、「食堂飲み」推奨のお店で、昼・夜の人気ぶりがうかがえます。


肉系コンボメニューがあれこれ楽しめる

今回チョイスしたのはサービスセットと書かれている肉系コンボメニュー。定食メニューにはさまざまな組み合わせメニューがあり、どれも魅力的です。

どれからいこうか迷いましたが、まずはハンバーグとハムエッグで乾杯することに。ハンバーグはキノコの和風ソース、ハムエッグはソースでつまみます。

キノコの和風ソース・ハンバーグとハムエッグ 900円

続いてのコンボは鳥の照り焼きとメンチカツ。定食のおかずには基本、目玉焼きがついているようで、ちょっと贅沢です。

鳥の照り焼きとメンチカツ、目玉焼き 800円

鳥の照り焼きは、甘辛い味がしっかり入っていて、おかずにもつまみにもよく合います。