トップページ国内企業インサイド

消費者間での推奨を効率的に発生させたハーゲンダッツの取り組み
【特集】ソーシャル活用売上ランキング(4)

印刷する
  • 2016年2月26日 金曜日
  • 降旗 淳平、小林 直樹、中村 勇介

ソーシャルメディアにおける消費者間での商品の推奨を効率的に発生させて、消費に結びつけたのが、アイスクリームメーカーのハーゲンダッツ ジャパンだ。消費行動スコア68.9を叩き出し、4位に入った。昨年の8位から4つ順位を上げたことになる。また、推奨スコアランキングにおいても68.8で5位につけた。ハーゲンダッツはFacebookのアルゴリズムの変更により、企業のFaecbookページの投稿のリーチ率が減った時期を境に軸足をTwitterへ移したことが奏功して、昨年8位にランクインした。2015年はそうした動きをさらに活発化させた。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。