トップページ国内企業インサイド

5つの新・クチコミの法則が明らかに
【特集】揺れるネット広告、今こそPRを見直せ(2)

印刷する
  • 2015年8月24日 月曜日
  • 小林 直樹

PR支援のビルコム(東京都港区)によれば、バズるニュースには「新製品」「トレンド」「意外な理由」「意外な数」「意外な人」の5要素のいずれか、または複数が要素として含まれているという。ビルコムは、2014年7月1日から2015年6月30日の1年間、Webニュース97媒体を対象に、カップ麺、缶コーヒー、シャンプー、クラフトビールの4商品について言及しているニュース記事1万9585本を抽出した。4商品を選んだ理由について同社の太田滋社長は、「競合との機能差が少なく、ブランドスイッチが起こりやすいコモディティー市場で、クチコミに左右されやすい商材」であることを挙げる。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。