トップページスキルアップ講座

予測分析はシミュレーションより実験が現実的
ビッグデータ時代のビジネス分析〔第3回〕

印刷する
  • 2016年2月18日 木曜日
  • アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ シニアバイスプレジデント[日本代表]及川 直彦

実務において使われている分析の多くは、売り上げや利益と相関関係が高い要因を特定する診断的分析である。診断的分析は、新たな施策のアイデアを探索する際には、「これを改善するとよいのではないか」という数多くの要因の仮説で議論が拡散しがちなビジネスの現場で、どの要因にフォーカスしたらよいかを見極めることができるので、その望ましい方向に向けて社内外の知恵を結集させ、より練度の高い施策アイデアを導き出せるメリットがある。しかしながら、診断的分析を、そのまま意思決定の根拠にまで使うことには慎重さが求められる。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
パスワードをお忘れの方
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイッターに投稿する Facebook mixiチェック

ログイン

記事をお読みになるには購読申し込み後に、ユーザーID、パスワードの登録が必要です。

登録・変更

最新号

  • 年間購読のご案内
  • カートに入れる
  • 編集部へのご意見、お問い合わせ

日経デジタルマーケティング

メールマガジンのお申し込み

日経デジタルマーケティングのサイトへ

本サイトは更新を終了しました

 「日経デジタルマーケティング」は2018年4月2日、「日経クロストレンド」に名称を変更しました。デジタルマーケティング関連の最新記事は日経クロストレンドでお読みください。

 本サイトは更新を終了し、19年3月31日に閉鎖する予定です。長い間のご利用、ありがとうございました。