トップページサプライヤー動向

豪広告会社のROKT、成約率の高いサービスで日本市場参入へ

印刷する
  • 2018年2月19日 月曜日
  • 降旗 淳平

オーストラリアに本社と開発拠点を置くデジタル広告会社ROKTが、今年中に日本法人を設立し、日本市場に本格的に進出する。提供する広告サービスは、「購買直後の消費者に働きかけると広告効果が高まる」という考えに基づき、「トランザクションマーケティング」と称している。

■ここから先は、日経デジタルマーケティングの定期購読者の方のみがご覧いただけます。

定期購読者はこちら
ログイン
ID、パスワードが不明な方はこちら
パスポート登録
定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらから日経BP社共通のIDシステムである「パスポート」登録を行って下さい。
初めての方へ
日経デジタルマーケティングとは
日経デジタルマーケティングを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。
© 2006- Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.