世界最大規模の総合印刷会社である大日本印刷(DNP)の開発は、社会課題の解決を意識し、「未来のあたりまえ」となる新たな価値を持つパッケージに注力している。

 環境保護への意識を持つ生活者が増えている。世の中のこうした変化を受け止め、DNPは新しい価値の創造をより意識したエコプロダクツのパッケージ開発を進めている。

「“パッケージ”は、最終的にはゴミとして廃棄されてしまうものです。その前提に立ったうえで、環境に配慮し、製品開発でイノベーションを起こしていくことが使命だと考えています」と語るのは、技術開発本部製品開発部でパッケージの開発に携わる柴田あゆみ氏だ。

 DNPは「ヒトから考えるパッケージイノベーション」をビジョンとして掲げ、生活者視点でのパッケージ開発を推進してきた。地球を守り、持続的な暮らしを実現するためには、やはり生活に身近な製品によるアピールが生活者の共感を呼びやすい。そこでテーマとなったのが、環境負荷の低減に貢献するパッケージだ。

 パッケージのライフサイクルをどう考えるか。まずは元となる原料の選び方が問われる。リサイクル可能で、かつ持続可能な原料を投入していくことが重要だ。そして使い終わった後のパッケージをどうするか。焼却処理の場合は、焼却処理で発生したCO2の発生量を抑えることで、地球環境に貢献していく。

 そのほかにも、新しいリサイクル技術の開発や仕組みづくりを発展させ、原料自体の循環にも取り組んでいる。複数の原料を使ったパッケージはリサイクルが難しい。モノマテリアルすなわち単一の原料を使用し、リサイクルを増やすことも視野に入れている。DNPが新しい価値として考えるのが、パッケージで実現する循環型社会だ。

身近な製品で環境配慮を訴求

 パッケージは単に環境配慮を打ち出すだけでは不十分で、長期保存が可能であるなど機能面も大切な要素だ。機能面と環境配慮をどうバランスをとっていくのか。この流れを念頭に入れつつ開発したのが、植物由来の原料を使ったパッケージだ。

 DNPは以前から植物由来の「バイオマテック」という製品を開発していた。その製品に透明の蒸着コーティングを施し、バリア性を付与することで、電子レンジでも使えるような耐熱性と耐水性を持ったバイオマテックの進化形を開発した。

 高いバリア性を持ち、レトルト・レンジ可能な「DNP植物由来包材 バイオマテックIB-PET-PBIR」である。

 基材層にバイオマテックIB-PET- PBIR、中間層にナイロン、最内層にCPPフィルムを採用した3層構造のパッケージは、アルミを使った従来のパッケージと異なり、電子レンジでも安心して使用できる。

 ポイントは透明でバリア性が高くて衛生的に優れていること。すでに大手流通に採用され、市場に出回っている。2020年度売り上げ目標は、バイオマテック全体で100億円を目指す。

「レトルト食品は生活者に身近なジャンルで、日常的に使われています。環境負荷の低いパッケージを開発しても、市場の大きなところに投入しないと意味がありません。その点で本パッケージは、メーカーや生活者への訴求力が高いと考えています」と柴田氏は語る。