報告書の種類は減る方向へ

――日本では法定開示資料の有価証券報告書の他に、環境・CSR報告書と統合報告書を発行するケースが増えています。人権報告書などを発行する企業も出てきました。最終的に統合報告書はどのような形態になりますか。

ホヴィット 現在、様々な報告書が発行されています。数年先を考えると、世界的に報告書の数を減らして一つひとつの質を向上させる流れになると見ています。企業のマネジメントを強化し、より良いガバナンスを実現するのに活用できる報告書が求められるでしょう。

 「統合報告書」ではなく、「報告書の中の統合報告」になると考えています。企業が開示すべき報告書の中に、「統合報告に必須の報告事項」を盛り込むという形です。規制ではなく、ビジネス慣習として普及が進むのではないでしょうか。

――日本企業からは、投資家は投資判断に統合報告書を本当に活用しているのかという疑問の声も聞かれます。

ホヴィット 投資家も一枚岩ではありません。短期的利益に主眼を置く投資家もいれば長期的視点に立って成長性を見るESG投資家もいます。アクティブ運用やパッシブ運用など手法も多様です。

 ただ、長期的視点に立つことが長期的リターンにつながる実証例も出てきたことで、投資家も統合報告書の重要性を認識するようになりました。財務や非財務の複数の資本を活用して企業の価値創造に結び付けるという「統合思考」が重要だと考える投資家が増えています。

 GPIFは優れた統合報告書を運用機関に選ばせるなどして統合報告書の質を高めるためのコミットをしていますので、今後間違いなく日本の投資家の統合報告書への関心は高まるはずです。

TCFDの開示は急速に進む

――統合報告書では価値創造ストーリーを示すことが重要です。一方でSDGs(持続可能な開発目標)を報告書に盛り込む企業も増えました。統合報告書に価値創造ストーリーとSDGsをどう記述したらよいでしょうか。

ホヴィット IIRCでは、「金融資本」「製造資本」「知的資本」「人的資本」「社会・関係性資本」「自然資本」の6つの資本と自社のビジネスモデルとの関係性を把握し、価値創造に結び付けるストーリーを説明することを求めています。最近はSDGsを盛り込む企業も増えました。

 しかし、SDGsの目標を並べて星取表を作るだけでは不十分です。企業は2030年に向けてSDGsを取り込んだ戦略を作り、開示することが重要です。その際、統合報告書が求める価値創造ストーリーにSDGsを活用してほしいのです。SDGsを使って、2030年に存続し成功する企業であるために何をしなければならないかを考え、そのストーリーを報告書に記載してほしいのです。

■ 統合報告書の価値創造プロセスをSDGsと関連付ける
企業は統合報告書において、ビジネスモデルと6つの資本の関係性を把握し、価値創造ストーリーを説明することが求められる。この価値創造プロセスにSDGsを組み込むことが今後重要になる
出所/IIRC
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 我々はそのための具体的な手順を2017年発表しました(下の図)。ステップ1でSDGsを理解し、ステップ2で自社の価値創造のために重要なSDGsの目標を特定します。どのSDGsの目標が6つの資本のアウトカムを最大化し、SDGsへの貢献を最大化するかを見極めて優先順位を付けます。目標の特定に当たっては社内外のステークホルダーと対話することが大切です。

 ステップ3では自社のビジネスモデルを通じてSDGsに貢献する戦略を策定します。戦略の中には資本配分計画や短期・中期・長期の目標も盛り込みます。ステップ4では統合思考を用いて関連付けをし、SDGsを取り込んだ戦略に応じたガバナンスを構築します。ステップ5で統合報告書を作成します。

■ SDGsと価値創造プロセスを関連付けるステップ
出所/IIRC