日経ビジネスのご案内 【 2018年11月12日 No.1966 】

特集

ここまで来た
監視社会
勃興する第2のGAFA

巨額のマネーを集める米中の「監視ベンチャー」。
今や、犯罪データやオフィス空間も商機となる。
新たな市場が誕生する中、プライバシーとチャンスの狭間で
日本企業はどう稼ぐのか。

  • パランティア・テクノロジーズ、LLビジョン…
    先行する米中企業

    日本市場にも浸透し始めた先進技術
  • パナソニック
    入国管理技術でオフィスを可視化
  • ALSOK
    警備ロボットが不審者を威嚇
  • NTT東日本
    ドローンで社員の残業を監視
  • 過度の監視が社会的批判の対象に。
    日本企業の成功のカギは?本号で徹底解説

編集長インタビュー

  • 絶好調から一転、9期ぶりの減収
    しまむら
    北島常好 社長
    顧客との〝ズレ〞を直す

注目企業

  • 米ソフトウェア企業 データ時代の革命児
    データロボット

時事深層

  • 瀬戸氏退任、創業家への大政奉還の背後に
    LIXIL、不可解な〝解任劇〞
  • 販売開始3週間で登録者数460万人!
    LINEほけん、滑り出し好調
  • アマゾンと楽天・西友の攻勢で競争が激化
    苦境ネットスーパー、ユニー撤退も
  • レッドハット3.8兆円買収
    IBM、日本のIT大手を脅かすか

スペシャルリポート

  • ATMの減少で「お金が下ろせない!」
    「現金難民」に救いの手
お気軽にご購読を開始いただける6ヵ月購読もご用意しました! 定期購読のお申し込みはこちら