Topics

自家製の醍醐味は、思い入れ!

(2016/11/16)

自家製の醍醐味は、思い入れ!

 社会派レシピスト、食の探偵団・団長、のサカイ優佳子です。

 先日、麹を手づくりする講座に参加してきました。

 甘酒や味噌、醤油麹に塩麹と、麹を「使う」ことはしてきましたが、麹自体を作ったことはありませんでした。

 (おそらく)30代の男性講師がとても理論的にきっちり説明してくれて、何がポイントなのか、なぜそうするのかがよくわかり、参加していた他の方々とともに楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 それから二日間は、かいがいしく「コウジくん」のお世話。コウジくんの「体温」を気にしながら、コウジくんは生きているんだなという実感とともに、発酵のおもしろさを感じる二日間でした。出来上がったコウジくんには思い入れたっぷり。まずは甘酒を作りました。家の中に漂うほんわり甘い香りは、気持ちを柔らかくしてくれます。コウジくん、美味しく育ってくれてありがとう!と思わずお礼を言いたくなってしまうのでした。

♪自分が作ったものが「一番おいしい!」

 以前、小学生対象の食育講座の一部で、トマトのお話を農家の方からうかがった後に、ケチャップを手づくりするプログラムを入れた時、見学されていたお母様たちから「ケチャップが手づくりできるなんて知らなかった!」と驚く声が多くあがりました。

 買うのが当たり前になっている食材も、実は多くのものが手づくりできます。その時、各班ごとに作ったトマトケチャップ4種と市販のケチャップの味比べをしたところ、みんな自分の班のものが一番おいしい!と主張。実際、どの班のものも美味しかったのですが、自分で作ったという思いが美味しさに「思い入れ」という素敵な調味料をふりかけてくれるようでした。

♪冬に向けて親子で手作りもオススメ

 これから冬に向かい、家の中で過ごす時間も多くなります。子どもと一緒に普段は手づくりしないようなものを手づくりしてみると、食べものへの視点も変わってくると思います。親子一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?

参考図書
スローな手づくり調味料(林弘子著 晶文社)
手づくりのすすめ(自然食通信社編集部編 自然食通信)

お知らせ

9月22日にサカイさんの新刊が発売されました。「毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版」(世界文化社)。

乾物をヨーグルトで戻すという食べ方を提唱したサカイさんならではの、とっておきレシピが多数紹介されています。肉や魚と合わせた主菜やスイーツ、朝食レシピまで毎日の食卓のヒントが載っています。

サカイ優佳子ホームページ : http://yukakosakai.net

DRYandPEACE(代表理事:サカイ優佳子)のホームページ:http://dryandpeace.com

********サカイ優佳子(さかい・ゆかこ)プロフィール 「五感を重視した食育ワークショップ『食の探偵団』を2002年より田平恵美とともに主宰。田んぼを残したいという思いから07年より米粉の利用法の提案を続け、11年からは『乾物は未来食』という思いから伝統的乾物の新しい使い方や、世界各地の乾物の知恵、料理法の研究を開始。DRY AND PEACEプロジェクト推進中。著書に『感じる食育 楽しい食育』『米粉ランチ』等。
▲ページTOPへ