成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 日経ESG

成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌

企業が成長し続けるために「ESG(環境・社会・ガバナンス)」の3つの取り組みが欠かせなくなっています。 成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 顧客や投資家から評価され、優秀な人材の獲得にも効果を上げるESGの取り組みとはどのようなものか。最新情報をお伝えします。

日経ESG最新号

日経ESG最新号

2019年6月8日(土)発行

※毎月8日発行

  • 定期購読のお申込み
  • 最新号を購入する
  • 日経エコロジー定期購読者限定メールマガジン(日経エコロジー環境法メール)に登録する
  • バックナンバー
  • 日経エコロジーNEWS 無料メルマガ配信中

「日経ESG」のコンテンツを
広報誌やパンフレット、Webサイトなどで使いたい!

コンテンツの2次利用についてのお問い合わせはこちらまで

Cover Story

ソフトローへの対処で企業価値に差
コンプライアンスリスクをたたきつぶせ
コンプライアンス(法令順守)の重要性がかつてないほど高まっている。
しかも、法律や条例といったいわゆるハードローだけでなく、
コーポレートガバナンス・コードやTCFD提言などの社会的規範、
いわゆるソフトローへの対処が求められるようになった。
特にESGの分野では、新たなソフトローが次々に生み出され、
内容が強化される傾向にある。
今後は、ハードローとソフトローの双方をにらんだかじ取りが重要になる。
本誌取材班

G(ガバナンス)
・有価証券報告書の改正、改正会社法 情報開示や統治の質、より厳しく
・内部通報に関する認証制度 不祥事対策の柱に
E(環境)
・改正建築物省エネ法 規制の徹底は見送り
・SBTの新基準 突き付けられる「1.5℃」
・タクソノミー 投融資の新たな基準に
S(社会)
・労働施策総合推進法、女性活躍推進法など パワハラ、長時間労働を撲滅
・改正出入国管理法 外国人材に新たな人権リスク
・サプライチェーンの人権配慮 現代奴隷法や投資家の包囲網
用語解説 ESG最新規制20

このページのトップヘ


Interview
拡大するグリーンボンド市場
企業のESG戦略測る物差しに
ステファン・マルセル氏/仏ソシエテ・ジェネラル サステナブルボンド グローバル責任者
Special Report
食べきる店づくりで経営強化
外食産業の食品ロス削減
崎田 裕子/ジャーナリスト・環境カウンセラー
News
2030年に全ブランドで環境・社会課題を解決へ 花王、ESGで世界に存在感
混迷LIXIL、会社側と株主側が応酬 潮田氏辞任も影響を懸念
ESGアナリストに聞く ESG視点なければ大きなリスク
日本版ガイダンスの世界展開狙う 162社がTCFDで世界をリード
初期投資ゼロで太陽光発電の利用を拡大 イオン、「屋根貸し」に活路
世銀債などに約545億円 GPIFがグリーンボンドに投資
アムンディとSMBCが気候変動投信 CDP「A」企業に浮かぶ弱点
パリ協定に続いて主導権を狙うフランス G7で生物多様性憲章を採択
Learning
▼新潮流
海外ESG経営者列伝
ラリー・フィンク氏 米ブラックロック会長兼CEO
社会を良くする投資の勧め
イチから始める「統合報告」
経営者の「頭の中」を見せる
芝坂 佳子/KPMGジャパン 統合報告 センター・オブ・エクセレンス パートナー
リーガル「働き方改革」
訴訟対応だけでは済まない
菅野 百合/西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士
ヨーロッパESG最前線
市民が個人のCO2排出に注目 勤務先に相殺を求める声も
熊谷 徹/在独ジャーナリスト
今月のESG政策
ESG不動産の評価に関する調査/バーゼル条約の第14回締約国会議
▼学び直し講座
「コーポレートガバナンス」
ESGは「きれいごと」ではない
松田 千恵子/首都大学東京 大学院 経営学研究科 教授
「 廃棄物処理法」
タイプによって特例が異なる
堀口 昌澄/メジャーヴィーナス・ジャパン シニアコンサルタント
「化学物質管理」
「知らなかった」では済まされない
森 伸明/NEC 製造・装置業システム本部 PLMシステムグループ シニアエキスパート
▼環境マネジメント
中小企業のための環境マネジメント入門
清掃も企業価値の向上に
飯田 哲也/エコアクション21審査員
▼インフォメーション
ESG経営フォーラムから
読者から 今月の主要テーマ「コーポレートガバナンス・コード」
編集部から
Leaders
▼未来戦略インタビュー 
アルプスアルパイン
代表取締役 社長執行役員 栗山 年弘氏
モビリティ市場で統合効果
エリアリンク
代表取締役社長 林 尚道氏
独自システムでプロ人材育てる

このページのトップヘ