日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命

山田敏夫 著
発売日:2018年11月12日
定価:本体1,400円+税
ISBN:978-4-8222-5727-9
四六判、176ページ
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

紙の書籍

日経BP SHOPで購入する
amazon.co.jpで購入する

その他オンライン書店

日経BPブックナビで購入する

ものがたりのあるものづくり

ファクトリエが起こす「服」革命


「ガイアの夜明け」(2014年9月9日放送)、「カンブリア宮殿」(2016年4月7日放送)に登場!!

世界に誇るメイド・イン・ジャパンのものづくりを守り、
育てるアパレルブランド「ファクトリエ」。

同ブランドを立ち上げた山田敏夫さんは、自らの足で日本各地を回り、
高い技術力を持つ縫製工場を訪ねては、工場のオリジナル商品を
つくってもらい、「ファクトリエ」で販売をしています。

「店舗なし」「セールもなし」「生産工場を公開」
「価格は工場に決めてもらう」――。

山田氏がファクトリエで実践するこうした取り組みは、
いずれもこれまでの日本のアパレル業界では"タブー"とされてきたことでした。

これまで消費者の前に姿を出すことのほとんどなかったものづくりの担い手、
「工場」の存在を前面に打ち出し、光を当て、その高い技術力やものづくりの姿勢を、
一人でも多くのお客さんに知ってもらう。これがファクトリエの目指す世界です。
そして2012年の誕生からおよそ6年が経った今、ファクトリエには
多くの仲間、工場、お客さんが集まってきています。

ファクトリエのこれまでと今。
アパレル業界の「新しい当たり前」をつくろうとする
山田さんの歩みを、一冊の本にまとめました。

本書の紹介

はじめに


【第1章】 ファクトリエ前夜

――愚直に一歩ずつ壁を乗り越える
子どもの頃の僕は劣等感のかたまりだった。スポーツも勉強もまるでダメ。「できないこと」が当たり前。そんな僕が、大学時代のフランス留学で大きなヒントを得た。世界に誇れる日本のものづくりを。数年間の会社員経験を経て、服の「当たり前」を変える壮大な挑戦に乗り出した。愚直に、地道に、一歩ずつ。


【第2章】 ファクトリエ、誕生

――無力だから、仲間が支えてくれた
創業当初のファクトリエを支えたのは、ボランティアで手助けしてくれた仲間たち。無力な僕にできることといえば「ワクワクする未来を語ること」だけ。わずか6畳の小さな事務所に、仕事を終えた仲間たちが毎晩集い、少しずつ夢を形にしていった。仲間こそ、当時の僕が持つ最大の資産だった。


【第3章】 ファクトリエの一歩

――“革命の同志”になる工場を求めて
一緒に夢を叶えてくれる工場を探して、トランク一つで日本各地を回った。だが言葉を尽くしても語っても、協力してくれる工場はなかなか見つからなかった。僕は、工場のことを思っているのに――。そんな思い上がりから抜け出せた時、道は開けた。ついに、“革命の同志”となる工場にめぐり合った。


【第4章】 ファクトリエの前進

――お客さんが物語の“語り部”に
働く仲間や工場を巻き込み、一歩ずつ前に進みはじめたファクトリエ。すばらしいものづくりの現場を、お客さんにも知ってもらいたい。「工場ツアー」などのイベントを始めたところ、お客さんも商品の物語の“語り部”として、情報を発信してくれるように。お客さんの“熱狂”が口コミを加速させた。


【第5章】 ファクトリエの試練

――猛スピードで失敗しよう
僕はとにかく不器用だ。だからいつも失敗する。ファクトリエを始めてからは、毎日壁にぶつかり、必死で修正してきた。けれど、それでいいと思っている。失敗なくして成功することはないし、どうせ失敗するならば早い方がいい。だから、猛スピードで失敗する。これが僕の“正攻法”だ。


【第6章】 ファクトリエの今

――「新しい当たり前」をつくろう
僕がファクトリエを通して実現したいのは、服をめぐる「新しい当たり前」をつくること。つくる人、売る人、着る人がそれぞれ、愛情を持って長く大切にできる服を生みだしていきたい。目指す夢の実現に向けて、世の中の環境や人々の価値観も、少しずつ変わりはじめている。風が、吹きはじめた。


おわりに

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら