フィンテックで企業財務・金融が激変! 経営戦略に活かすフィンテック!

2018年10月23日(火) 東京開催 お申込み受付は終了いたしました

講座概要

フィンテックとは何か?
フィンテック時代に求められる最新の金融力、財務力を学ぶ

金融とテクノロジーを融合するフィンテックは、金融サービスと金融業を破壊的に変えようとしています。フィンテック革命によって、楽天やLINEなどが金融業務に新規参入する一方で、大手銀行は大幅な人員削減と支店の閉鎖を余儀なくされつつあります。 そして、仮想通貨やブロックチェーンなどの登場により、企業の財務戦略も大きく変化すると予想されます。

フィンテック時代には、これまでとは次元が異なる金融力、財務力がビジネスパーソンに求められることでしょう。
本セミナーは、外資系投資銀行の元経営者で、現在は一橋大学ビジネススクールで教鞭を執る金融のプロが、世界最先端のフィンテックの理論と実際をわかりやすく解説します。とりわけ、「金融機関の経営はどのように変わるのか」、「フィンテックで財務会計はどのように変わるのか」、「ビジネスパーソンに求められる金融力、財務力とは何か」に焦点を当てます。金融機関の方はもちろんのこと、グローバルな視点から金融力、財務力を高めたい企業人に最適です。

プログラム

  1. フィンテックとは何か
    • フィンテックは人工知能(AI)革命の一分野
    • 米国と中国がリードするフィンテック。ビザ、ブラックロック、ペイパル、アリペイの戦略を研究
    • 今さらきけない仮想通貨とビットコイン。ビットコインの本質的価値とは何か?新規通貨公開(ICO)は詐欺か?
    • 仮想通貨以外の用途が期待されるブロックチェーン
  2. フィンテックで変わる企業と金融機関の経営
    • 金融業は破壊的に変化する。駅前の金融機関の支店やATMが消えてなくなる。自動車保険もなくなる
    • 日本の金融は特殊であるが故に、フィンテックは有望。高い現金比率(→キャッシュレス)、安全資産に偏った金融資産(→ロボアドバイザー)、高齢者を対象とする金融犯罪(→生体認証)
    • フィンテックは金融業と事業会社の垣根を下げる
    • 楽天、ソニー、イオン、LINEなど事業会社が金融業で成功する
  3. フィンテックで変わる財務会計とコーポレートガバナンス
    • ブロックチェーンと三式簿記とAIで財務会計が変わる
    • フィンテックで、会計不祥事(例:東芝、オリンパス、富士ゼロックスなど)が減る
    • フィンテックは資産運用を変える。資産運用が変われば株主が変わる。株主が変わればコーポレートガバナンスが変わる
  • ◆10月23日(火)13:00~17:00
    お申し込み受付は終了いたしました

※ 本サイトからのお申し込みには、「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。


※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

▲ページトップへ