「働きがいのある会社」のつくり方

セミナー開催趣旨

空前の人手不足の中でも、良い人材を集め、育てる会社があります。
毎年発表される「働きがいのある会社」ランキングの2019年版上位企業が、戦略や具体的な施策、効果や苦労をお伝えするセミナーです。

日経ビジネスでは、2019年2月11日号で2019年版「働きがいのある会社」ランキングを発表しました。ランキング発表に伴い、ランキング上位企業に取材を行ったところ、見えてきたのは社員が力を発揮する会社は、驚くほど徹底して人材に投資をしていることでした。

本セミナーでは、2019年版ランキングに上位ランクインした企業の経営者や現場担当者に登壇いただき、経営戦略や具体的な施策、その効果をお伝えいたします。

人手不足の今、どの様な会社が従業員から支持され、力を発揮しているのか。ぜひ本セミナーにご参加いただき、人事・人材戦略にお役立てください。

登 壇 者

小出 伸一氏

誰もが家族、Ohanaカルチャーが生み出す働きがい(仮)

「家族」の根底に流れているものは「平等」です。
お客様、従業員、パートナー、NPOなど、あらゆるステークホルダーを家族として平等に考えると、利益を超えた目的が生まれます。企業単体の成功ではなく、社会に貢献し、社会とともに成長することが必要です。
この考え方は「働きがい」の向上にもつながります。

大規模部門1位
セールスフォース・ドットコム
代表取締役会長兼社長

小出 伸一

1981年日本アイ・ビー・エム入社。ハードウェア、アウトソーシング、テクニカルサービス、ファイナンシャルサービスの各事業の責任者を務め、ニューヨーク本社 戦略部門へ赴任。2002年には取締役に就任。
日本アイ・ビー・エムに24年間在籍後、2005年、ソフトバンクテレコム(旧: 日本テレコム)に入社、代表取締役副社長兼COOに就任。
2007年より6年4ヶ月間、日本ヒューレット・パッカード代表取締役社長執行役員として、同社のハードウェア、ソフトウェア、サービスの各事業ならびに全業務を統括。
2014年4月、株式会社セールスフォース・ドットコムの代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)に就任、2016年11月より現職。また、2018年6月より三菱UFJ銀行の社外取締役に就任。

大谷 義武氏

社員が「仕事が楽しい」と言い続けられるための家族的経営とは

同社では「社員を第二の家族」と考え、社員が楽しく前向きに働ける環境づくりに力を注がれています。社員個人のモチベーションを高める様々なイベントをはじめ、社員同士のコミュニケーションを活発にし、仕事自体を楽しんでもらうための制度・施策等についてもお話いただく予定です。

中規模部門5位
武蔵コーポレーション 代表取締役

大谷 義武

1999年東京大学経済学部卒業。同年三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)の開発・運用業務(用地取得業務、テナントリーシング業務等)に携わる。2005年同社を退社し創業。関わる人全てを幸せにする三方よしの経営理念を軸に、収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理を中心に事業を展開。拠点は東京の本社をはじめとし、さいたま・宇都宮・高崎・横浜・浜松に支店を構える。全国賃貸住宅新聞「管理戸数増加率」ランキングで全国1位を獲得するなど、創業から13期連続増収増益、売り上げ100億円を達成している。

名波 花子氏

ヨガと理念で働きがいを高める
自分の能力を最大限発揮する組織

「ヨガを通して一人でも多くの人を幸せに」
その理念のもと、従業員一人一人が自発的に行動・成長していく風土が根付いています。
人が作りあげる空間(ヨガレッスン)がサービスだからこそ従業員の満足度を重視し、働きがいを醸成する取り組みをご紹介します。

大規模部門8位
LAVA International 取締役

名波 花子

1999年リクルートに入社し、人材コンサルティング・旅行・住宅の分野で新規サービスの立ち上げ等を担当。
2012年4月 ベンチャーバンク(現LAVA International)に入社。以後、7年間に渡り、事業企画・人事部長・運営部統括・事業統括を歴任。2017年より現職。運営・人事領域を担当し、一人でも多くの従業員と顧客がヨガを通して幸せになるための経営に取り組んでいる。

河合 克也氏

The Brilliant Company
人材こそが企業のエンジンだ!

21世紀の最大の希少資源は「人材」となる。水上印刷が人を軸とした企業文化をつくる理由はここにあります。同社が当社が重視する働きがいとは、個の成長の後押しを宣言した「日本一勉強する会社!」に集約されています。

中規模部門17位
水上印刷 代表取締役社長

河合 克也

「日本一勉強する会社を目指す!」と宣言する水上印刷株式会社の代表取締役社長。7期連続増収(直近4期連続二桁増)を牽引する。
2002年早稲田大学商学部卒業後、同年、株式会社キーエンスに入社。2007年に水上印刷に転じ、2008年に経済産業省 商務情報政策局 情報政策課への出向を経て、2010年水上印刷の経営戦略室長、取締役管理部長を歴任し、社内制度改革、ビジネスモデル改革、組織改革、業務改善プロジェクト、コーポレートブランド改革業務等を先導する。2014年11月より現職。目指すのは「100年連続で成長し続ける企業文化を築く」こと。

窪田 光洋氏

創業3年で離職率0%。
社員ファーストの想いが生んだバリュー経営(仮)

徹底したバリュー経営を貫いている同社は、「iYellらしさ」をなによりも大切にしています。
その価値観に共感して集まった従業員は、創業以来まだひとりの離職者も出していません。
バリュー経営を貫く想いと、活き活きと働ける職場環境づくりのためのユニークな取り組みについてご紹介します。

小規模部門5位
iYell 代表取締役社長兼CEO

窪田 光洋

2007年に新卒でSBIグループのモーゲージバンクに入社し、2014年に最年少で執行役員に就任。
住宅ローンの商品の組成から販売、審査、債権管理などすべてのフェーズにおいてトップを歴任。
2016年に独立し、iYell株式会社を設立。前職で住宅ローンにおけるすべてのフェーズを経験したことで、住宅ローンに関してはかなり精通しており、日本一住宅ローンに詳しい男としてセミナー講師や執筆を手掛けている。

茂木 淳夫氏

従業員の行動に、会社が応える。
働きやすく、働きがいのある会社へ

同社では「働きやすさ」と「働きがい」の両面を同時に向上させる事を狙いとした働き方の柔軟性を高める為の仕組み作りや従業員の自主的な活動の支援に取り組まれています。
今回の講演では、同社の具体的な取組み内容や成果をお伝えいただきます。

大規模部門15位
JSOL 執行役員 HR本部長

茂木 淳夫

1985年日本情報サービス(現日本総合研究所)に入社。
システムエンジニアとして各種業界の企業の業務を支援するシステムの開発やビジネス企画、マネジメントを担当。
2006年日本総研から日本総研ソリューションズ(現JSOL)として分離独立した際に、ITを活用してお客様の課題を解決するITコンサルティングビジネスに従事。
近年は、自社の働き方改革に取組みつつ、コンサル部門の最高責任者として、テクノロジーを効果的に活用した働き方改革推進支援コンサルを推進。
現在はHR本部長として、活き活きと自主的に動ける社員育成や組織開発を通じ、より「働きがい」のある会社へ向け、取組んでいる。

小林 順子氏

「働きがい」の高い組織とは。
最新調査の傾向と各社の取組み

「働きがいの高い」組織とはどのような組織なのか、最新の調査の傾向からその特徴をひもときます。また、従業員が仕事を楽しみ生き生きと働く組織づくりに成功している先進的な企業の取組みをご紹介する予定です。

Great Place to Work ® Institute Japan
シニアコンサルタント

小林 順子

1988年リクルート新卒入社 採用関連の広報メディアの営業を担当。2002年リクルート HRD Div.に異動し、人材開発・組織開発に関するコンサルティング・営業を担当。 2004年リクルートマネジメントソリューションズ設立に伴い転籍。引き続き人材開発、組織開発に関するコンサルティング・営業に携わる。大手ではゼネコン、損保、航空会社、ハウスメーカー、SIer等の幅広い業界へのサービス提供を経験したほか、中堅企業のオーナー経営者との取引実績も豊富。2016年よりGreat Place to Work ® Institute Japanに参画し、個人が「働きがい」を高く感じながら活き活きと働くことができる社会を実現するために日々研鑽を重ねている。

「働きがいのある会社」とは

「働きがいのある会社」ランキングは、経営者と従業員の信頼関係、仕事への誇り、職場の連帯感など従業員と会社の双方に対して、Great Place to Work® Instituteが調査し、選出したものです。

2019年日本版は参加企業480社へのアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた145社を「働きがいのある会社」として発表しています。「働きがいのある会社」の定義は「従業員が、勤務している会社や経営者・管理者を信頼し、自分が行っている仕事に誇りを持ち、一緒に働いている仲間と連帯感を持てる会社」。マネジメントと従業員の間の「信用」「尊敬」「公正」、従業員が仕事に持つ「誇り」、従業員同士の「連帯感」の5つの要素で構成されています。

アンケートは企業向けと従業員向けで行っており、点数の重みづけは1対2。企業向けは企業理念や風土、人事施策のほか、男女構成比率、福利厚生。従業員向けは経営陣や管理者層の姿勢と行動、仕事や会社に対する誇り、職場の連帯感などについて調査しています。

アンケート項目はグローバルで統一されており、米国版は米国フォーチュン誌、日本版は「日経ビジネス」2019年2月11日号で発表しました。

2019年版のランキングはこちらから

本セミナーの特徴

仕組み、環境づくりなど直結する手法が学べる

仕組み、環境づくりなど
直結する手法が学べる

「働きがい」がある企業はどの様な「仕組み」「環境」「絆」づくりを行っているのか。実際に取り組み、成功・失敗した施策をお聞きいただけます。明日から取り組める手法やアイデアがきっと見つかるはずです。

幅広い業種、規模の企業登壇者をラインナップ

幅広い業種、規模の
企業登壇者をラインナップ

「働きがいのある会社」ランキングは、大規模、中規模、小規模に部門が分かれており、それぞれの部門の上位企業から様々な業種・業態の企業に登壇いただきます。
規模や業種が近い企業の取り組みは、参考にしやすいのではないでしょうか。

経営者や責任者などトップの考え方が分かる

経営者や責任者など
トップの考え方が分かる

本セミナーでは、上位にランクインした企業の経営者や現場の責任者の方に登壇いただきます。「人材を確保するため」「生産性をあげるため」「10年後の成長のため」などトップがどの様な思いで改革に取り組んでいるのか、本質的な考え方も学んでいただけます。

タイムスケジュール

11:00~11:10

主催者挨拶

11:10~11:50
●大規模部門1位

セールスフォース・ドットコム 
代表取締役会長 兼 社長 小出伸一氏

誰もが家族、Ohanaカルチャーが生み出す働きがい(仮)

11:50~12:30
●中規模部門5位

武蔵コーポレーション 
代表取締役社長 大谷義武氏

社員が「仕事が楽しい」と言い続けられるための家族的経営とは

12:30~13:10

昼食休憩 ※昼食はお弁当をご用意します。

13:10~13:50
●大規模部門8位

LAVA International 
取締役 名波花子氏

ヨガと理念で働きがいを高める 自分の能力を最大限発揮する組織

13:50~14:30
●中規模部門17位

水上印刷 
代表取締役社長 河合克也氏

The Brilliant Company 人材こそが企業のエンジンだ!

14:30~14:50

Great Place to Work® Institute Japan 
小林順子氏

「働きがいのある会社」とは何か

「働きがい」の高い組織とは。最新調査の傾向と各社の取組み

14:50~15:00

休憩

15:00~15:40
●小規模部門5位

iYell 
代表取締役社長兼CEO 窪田光洋氏

創業3年で離職率0%。社員ファーストの想いが生んだバリュー経営(仮)

15:40~16:20
●大規模部門15位

JSOL 
執行役員 HR本部長 茂木淳夫氏

従業員の行動に、会社が応える。働きやすく、働きがいのある会社へ

16:20~17:00
パネルディスカッション

現場担当者に聞く、働きがい向上のポイントと苦労

【パネリスト】

セールスフォース・ドットコム 
人事本部 人事プログラム シニアマネージャー 酒寄久美子 氏

JSOL 
経営企画本部 経営企画・総務部 経営企画課 藤川桂佑 氏

LAVA International 
取締役 名波花子 氏

開催概要

セミナー名「働きがいのある会社」のつくり方
日 時 2019年5月24日(金)11:00~17:00(10:30開場)※昼食付き
会 場​赤坂インターシティコンファレンス
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F「the AIR」
受講料
(税込)
・一般:32,000 円
 ※数名でセミナーに参加される場合は、2人目以降より割引価格28,000円にてお申込みいただけます。
・日経ビジネス読者:25,000円
・プラチナ会員特価:16,000円
※一般料金は日経ビジネス(電子版+雑誌セット)半年間購読付となります。
定 員150人(最少開催人数40名)
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させて いただくことがあります。
主 催日経ビジネス
共 催Great Place to Work® Institute Japan

※本セミナーの受講申し込みには「日経ID」が必要になります。
お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

トップ