経営塾・新規事業編 Future Manufacturing Summit 2019 経営塾・新規事業編 Future Manufacturing Summit 2019
2019年9月10日(火)
【開催趣旨】

コネクテッドインダストリーズが日本と世界の産業をどう変える?

 「IoT」や「AI」などのデジタル技術が新たな価値を生み出そうとしている中、日本政府は「コネクテッドインダストリーズ」戦略を打ち出しています。

 「IoT」を活用して工場の稼働データを収集して品質を向上させるのはもちろん、異なるシステムを連携させることにより幅広いデータを集積。日本のコネクテッドインダストリーズ戦略は、多様な工場データの連携・活用により製造業全般の国際競争力を高め、世界で産業の変革を主導していくことを目指しています。

 一方、通信の進歩によって本格的な5G時代を迎える中、総務省は「地域版」5Gを活用したスマート工場の展開を推し進めようとしています。半面、サイバー攻撃に対するセキュリティ対策も不可欠になっています。

 こうした状況を踏まえ、日経ビジネスは、「Future Manufacturing Summit」を開催します。このフォーラムではインダストリー4.0やインダストリアルインターネットで先行しているシーメンスやGEなどの欧米勢に対して、日本の「コネクテッドインダストリーズ」の最新動向をリポートし、今後、産業をリードするのはどのプレイヤーであるのかを議論します。

 当日は、コネクテッドインダストリーズ」の最新動向を、アナリティクス界のドラッカーと呼ばれるトーマス・ダベンポート氏を迎え、「イノベーション(AI、IoT)時代に勝ち残るには」について講演いただきます。さらに、「基調講演」では、IoT推進コンソーシアムの会長でもある村井純氏に「5Gで何が変わるのか」というテーマで、これから迎える産業の変革について分かりやすくお話いただきます。

 貴重なこの機会に、ぜひご参加ください。

プログラム
9:55 開会挨拶
10:00~11:00 基調講演
発展し続けるデジタルプラットフォーム ーインターネット、IoT、5Gー
[村井 純氏]
11:00~11:35 講演
ServiceNow Japan
11:35~12:10 講演
アビームコンサルティング
12:10~13:00 休憩 ※昼食をご用意しております。
13:00~14:00 特別講演
イノベーション(AI、IoT)時代に勝ち残るには
[トーマス・H・ダベンポート氏]  ※同時通訳がはいります。
14:00~15:00 パネル討論 ※同時通訳がはいります。
・司会進行:日経BP総合研究所 コンサルティング局長 酒井耕一
・パネラー:
 トーマス・H・ダベンポート氏
 アビームコンサルティング IoTセクター長 執行役員 プリンシパル 橘 知志氏
 HEROZ 執行役員 開発部 部長 井口圭一氏
15:00~15:15 休憩
15:15~15:50 講演
日立社会情報サービス
15:50~16:25 講演
ダッソー・システムズ
16:25~17:00 事例解説・まとめ
日経BP 経営メディア局長 伊藤暢人
日経BP総合研究所 クリーンテックラボ 上席研究員 ものづくり未来図 編集長 三好敏
※プログラム内容・講師は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【基調講演】

発展し続けるデジタルプラットフォーム ーインターネット、IoT、5Gー

村井 純氏

講師
村井 純氏

IoT推進コンソーシアム会長
慶應義塾大学教授

≪プロフィール≫
慶應義塾大学環境情報学部教授、大学院政策・メディア研究科委員長。1955年東京生まれ。1979年慶大工学部卒業、1984年同大理工学研究科博士課程修了。工学博士。専門はオペレーティング・システム。インターネット研究のパイオニアで日本の「インターネットの父」と呼ばれ、Internet Society (ISOC)による2013年インターネットの殿堂(Intemet Hall of Fame 2013)入りを果たす。WIDEプロジェクトのファウンダーやIoT推進コンソーシアム会長など政府の委員会メンバーとしても活躍している。

【特別講演+パネル討論】

イノベーション(AI、IoT)時代に勝ち残るには

トーマス・H・ダベンポート氏

講師
トーマス・H・ダベンポート氏

バブソン大学
特別教授

≪プロフィール≫
企業経営におけるデータ活用の在り方について、戦略論・組織論含めて経営的な視点でメッセージを発信し、今日のビッグデータ市場を牽引。著書「分析力を武器とする企業」はハーバードビジネスレビューにおいて、過去10年間で最も重要な12冊の経営書に挙げられています。現在バブソン大学教授であるトムは、これまでハーバードビジネススクールやシカゴ大学などで教鞭を執り、2012年のBest Business School Professorsに選ばれました。さらに、これまで数百の企業に経営のアドバイスを提供しており、過去には世界の最も著名なコンサルタント25名に選ばれています。

≪パネラー≫

橘 知志氏

橘 知志氏

アビームコンサルティング
P&T Digitalビジネスユニット IoTセクター長 執行役員 プリンシパル

井口 圭一氏

井口 圭一氏

HEROZ 執行役員 開発部 部長

≪司会進行≫

酒井耕一
日経BP総合研究所 コンサルティング局長

【講演】

待ったなし!製造業ビジネスのサブスクリプション化

久納 信之氏

講師
久納 信之氏

ServiceNow Japan
ソリューションコンサルティング統括本部 ジャパン・エバンジェリスト

≪講演概要≫
IoTに代表されるビジネスイノベーションの波は、製造業においてはビジネスのサブスクリプション化という形で顕在化し始めている。製造業がサブスクリプション化で直面する課題とは、日々のビジネスをサービス化して生存競争を生き抜くための課題に他ならない。本講演では、こうしたイノベーションの下地となるサービスマネジメントの効果的な活用について述べます。

【講演】

ビジネス変革を目指すDX戦略と未来工場の構想

橘 知志氏

講師
橘 知志氏

アビームコンサルティング
P&T Digitalビジネスユニット IoTセクター長 執行役員 プリンシパル

≪講演概要≫
インダストリー4.0を皮切りに、様々なデジタル戦略が世界中で打ち出されています。製造業におけるビジネス変革を実現するためには、目指すべき「未来工場」を定め、そのゴールに向けた具体的な構想が必要です。本講演ではビジネス変革を実現するDXジャーニーの事例から、未来工場の構想、戦略をご説明します。

【講演】

ブラックボックス化したデータを可視化し課題解決サイクルを短縮

町田 治実氏

講師
町田 治実氏

日立社会情報サービス
ソーシャルサービス事業部 ソリューションサービス本部・担当本部長

≪講演概要≫
IoTデータ活用をはじめとする製造現場のデジタル化により、日々蓄積されていくデータは増加の一途を辿っています。企業は生産性・品質向上に向け、さまざまな手段でデータの可視化に取り組んでいますが、時間も手間もかかりなかなか思うような効果を出せていないのが現実です。本講演では、ブラックボックス化した大量なデータから正しく情報を読み取り、課題を解決に導くサイクルを短縮化する方法を紹介します。

【講演】

時代はインダストリー・ルネサンス、製造現場から未来の世界へ

藤井 宏樹氏

講師
藤井 宏樹氏

ダッソー・システムズ
DELMIA事業部・事業部長

≪講演概要≫
今日、製造業はデジタル化の波を迎え、これまでにない規模の変革「インダストリー・ルネサンス」が進行しています。そして、この変革を成し遂げる明日のリーディング・カンパニーとは、生産システムをもっとも自動化させた企業ではなく、持続可能なソリューションで社会的課題を解決できる企業です。本講演では、このデジタル変革を支援するアプローチ「3DEXPERIENCE マニュファクチャリング」をご紹介します。

開催概要
講座名 Future Manufacturing Summit 2019
日程/時間2019年9月10日(火)
9:55~17:00 9:30開場(予定)
会場 ベルサール東京日本橋[東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワーB2]
受講料 ・一般価格 15,000円[税込]
・日経ビジネス読者価格 11,000円[税込]
※日経ビジネスプラチナの会員の方も、こちらの読者価格が適応されます。
※日経ビジネス電子版 月額会員の方は、こちらの特別料金は適応されません。一般からのお申込みをお願い致します。
・日経ビジネス電子版(6ヶ月)セット価格 17,500円[税込]
※こちらの料金には、日経ビジネス電子版の購読が6ヶ月分含まれております。
定員 400人
主催 日経ビジネス、日経BP総研
協賛社 アビームコンサルティング、ダッソー・システムズ、 日立社会情報サービス、ServiceNow Japan