講師プロフィール

  • 小山洋平氏

    小山洋平氏

    森・濱田松本法律事務所

    弁護士

    会社法・金融商品取引法の分野を中心として、上場・非上場企業の企業法務全般、M&A、MBO案件、クロスボーダー案件等を多く手掛けている。2011年9月から12月までベトナム最大手の法律事務所であるVILAF法律事務所にて執務。日本企業によるベトナムへの進出案件を担当した経験を生かし、現在、多くのベトナム案件を手掛ける。なお、2011年1月から8月までインドの大手法律事務所で研修し、インド案件にも精通している。ベトナム及びインドの外資規制、会社法、投資法を解説した論文・著作を多数発表している。インド及びベトナムを初めとするアジアに投資する日本企業へのサポートに注力している。

  • 林和彦氏

    林和彦氏

    デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー

    パートナー

    有限責任監査法人トーマツ大阪事務所において、上場企業等の監査、IPO、クロスボーダーも含めたM&Aトランザクションサービス等の業務を提供。日本の会計士として約20年の勤務経験を有し特に事業再編、企業再生、M&Aトランザクションサービスにおいては国内外で数多くのサービス経験を有する。2007年からデロイト トウシュ トーマツ香港事務所において、日系企業に対する、監査、税務、会計、M&Aに関する総合的なアドバイス業務を提供するとともに、中国華南地区へ進出する香港日系企業の橋渡しとしてのアドバイス業務も手掛ける。香港における日系企業サービスグループのリーダーを務める。2011年8月に帰任。

  • 秋山順氏

    秋山順氏

    デロイト・アンド・トウシュ ファイナンシャルアドバイザリーサービス(シンガポール)

    2001年に有限責任監査法人トーマツに入社し、総合商社を中心に会計監査業務やコンサルティングプロジェクトに従事。2006年より当社に入社し金融機関の統合やPEファンドによる企業買収、日系企業の海外企業買収など数多くのM&Aにおいてサービスを提供。2011年よりDeloitte & Touche Financial Advisory Service Pte Ltd (シンガポール)において、日本企業の東南アジア進出を現地メンバーとともに支援している。
    早稲田大学商学部卒業、公認会計士

  • 塩貝寿俊氏

    塩貝寿俊氏

    シオガイ精機

    社長

    1969年生まれ。91年に塩貝鉄工所に入社。92年シオガイ精機に社名を変更し、専務に就任。2002年社長に就任。
    2005年シオガイ精機ベトナム有限公司を設立して社長に就任。2011年にはシオガイアジアトレーディングシンガポール設立。ベトナムでは大企業も頼りにする現地通。2007年から宇治青年会議所理事長、2009年からは日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会会長を務める。

  • 八谷賢次氏

    八谷賢次氏

    グローバルマネジメント研究所ベトナム

    社長

    1990年 株式会社アクセンチュア(旧アンダーセン・コンサルティング)入社
    2000年 アクセンチュア、シニアマネージャ
    2002年 株式会社ネオテニー、事業企画マネージャ
    2002年 フォアフロントプロフェッショナルズ設立、取締役就任
    2005年 グローバルマネジメント研究所設立、代表取締役副社長就任
    2007年 上智大学比較文化学部非常勤講師
    2007年 グローバルマネジメント研究所ベトナム設立、代表取締役社長就任
    公認会計士

  • 櫛田靖氏

    櫛田靖氏

    資生堂ベトナム

    前社長(現資生堂久喜工場長)

    以下すべて(株)資生堂、海外は資生堂の子会社勤務
    1987年 入社。掛川工場 製造部 技術課
    1989年 掛川工場 薬務部 品質管理課
    1990年 本社 人事部所属 海外派遣員【アメリカ】
    1991年 本社 生産技術部(海外販売の化粧品薬事)
    1992年 ヨーロッパテクノセンター 現:Europe Research Center【フランス】
    1996年 本社 生産技術部(海外工場の生産技術、管理)
    2000年 SHISEIDO America Inc.(生産計画、購買、受注出荷、経営報告)【アメリカ】
    2005年 本社生産部(国内新製品工場決定、原価、品質トラブル窓口・・・)
    2007年 本社購買部(同上)
    2008年 本社 技術企画部 アセアン工場準備室
    2008年 ベトナムへ SHISEIDO Viet Nam Inc.【ベトナム】 社長
    2012年 4月から久喜工場(現職)

    ベトナムへは2008年8月から2012年3月まで3年8ヶ月の駐在です。

  • 鎌田雅彦氏

    鎌田雅彦氏

    双日

    海外開発建設部担当部長

    1987年4月1日 入社 日商岩井株式会社入社 人事部
    1987年10月16日 異動 食品部 加工食品課
    1990年7月1日 異動 国内建設・不動産部 東京不動産第一課
    1995年5月1日 異動 海外開発建設部 開発建設第一課
    1997年10月15日 異動 フィリピン長期出張
    1999年4月1日 異動 住宅・地域開発部 地域開発課
    2007年4月1日 組織変更 建設開発部プロジェクト開発第一課
    2009年2月1日 異動 チェルシージャパン株式会社 出向
    2009年4月1日 異動 都市開発部
    2010年10月1日 組織変更 不動産開発部
    2012年4月1日 組織変更 海外開発建設部


  • 吉岡泰士氏

    吉岡泰士

    GCAサヴィアン

    エグゼクティブディレクター

    外資系投資銀行および会計事務所系アドバイザリーファームにおいてM&Aアドバイザリー業務およびバリュエーション業務に従事。GCAサヴィアングループ入社前は、デロイトトーマツFAS株式会社の新設メンバーとして加わり、設立以来5年以上にわたり、プロジェクトマネージャーとして国内およびクロスボーダーの M&Aアドバイザリー業務を担当。M&Aアドバイザリー業務実績としては、金融機関、運送事業、再生スキーム下の事業売却または同買収、またアジア・欧米のクロスボーダー案件(業界は多岐)も多数手がけるなど、国内外において広範な業務・地域の案件実績を有する。特に東南アジアにおけるM&Aに精通。バリュエーション業務においては、フジテレビによるニッポン放送買収時の株式価値評価、ワールドの経営陣による MBO実行の際の同社株式価値評価、証券会社同士や地方銀行同士の統合比率算定(複数)など多数 の大型統合案件において価値評価を担当。GCAサヴィアン入社後は、日興コーディアルグループとシティグループとの統合、新光証券とみずほ証券の合併、キッコーマンと紀文フードケミファの統合、キッコーマンによる理研ビタミン株式買収などのアドバイザリー業務を手がけた。

    一橋大学法学部卒
    1992年/ JPモルガン証券東京支店入社 コーポレートファイナンス業務 NY本社における半年間の金融・財務研修 外国債券セールス業務に従事 1995年/ プルデンシャル生命保険株式会社入社 国内外の債券・株式運用に従事 1998年/ フィリピンにおいて米国プルデンシャル保険の子会社設立業務に従事 2001年/ デロイトトーマツFAS株式会社入社 多数のM&Aアドバイザリーおよびバリュエーション業務に従事 2007年1月/ GCAサヴィアングループ入社

セミナーのお申し込み詳細