• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の「光るコメント」

  • 岡部直明「主役なき世界」を読む 「弱者の恫喝」対「強者の恫喝」の行く末

    岡部氏のご主張のように、米露中などの主要な核武装国の核装備の廃棄の方向に向かう端緒に北朝鮮の「非核化」がなるとよいとは、誰もが思うであろう。ただ、日本の役割として、日本が唯一の被爆国とか、長崎が最後の使用例という表現をする前に、「核兵器」に関して、少なくとも三点の整理はしておく必要があるのではないか。 第一に、核兵器は無差別の大量破壊兵器であって、非人道性においては、毒ガスや対人地雷をはるかに凌ぐものである。毒ガスや対人地雷は、戦闘使用は戦争犯罪に分類されているが、核兵器に関しては使用が戦争犯罪であるという国際了解はなく、また、その方向よりも一挙に廃絶を進める国際運動がなされている。なぜか? 第二に、長崎が最後の兵器としての使用ということではあるが、核兵器の開発は以後も間断なく続けられており、兵器としての破壊力は、広島型や長崎型のものと現行のものとでは雲泥の差がある。北朝鮮が開発したとされるものも、伝えられる限りでは、広島や長崎で使用されたものをはるかに超えている。 第三に、第一点とも関わるが、広島、長崎における米軍の投下例は、両者で形式や爆発原理が異なったように、実質的には、「実験」でもあった。昭和二十年に遂行された多くの空襲もそうだが、米軍は、戦争の終結を明確に想定しえた段階で、日本側戦争指導者の頑迷に乗ずる形で、兵器の改良実験を「実戦」で行っていたとも言える面があって、実際は、これらの行為の中には「戦争犯罪」に分類されるべきものが多く含まれていたと考えるべきである。  これら三点を踏まえた上で、「日本が唯一の被爆国」式の主張だけで、世界にアピールできるか、と考えると、以上の三点に対し、日本側で整合性のある解答を用意し、それに伴って誠実な活動を官民挙げて行うことができなければならないことがわかるであろう。つまり、「核兵器使用」は「戦争犯罪」であり、「戦争犯罪」である以上、過去に遡っての「断罪」もしなければならない、という主張を行おうとすることが基本である。これは、日本の「戦争犯罪」と区分けして論じ分けることではない。決して容易な仕事ではないが、やらなければならない。

    (2018年6月19日)

  • 研究室に行ってみた 忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実

    スーパーにエコバックが浸透しても、一向にコンビニでは浸透しない。結局のところ、ユーザー本位を建前にしたサービス提供者の怠慢なんだと思う。コンビニとエコバックが相性悪ければ、環境負荷の少ないレジ袋をとならないあたり。

    (2018年6月16日)

  • きょうの坊主めくり 野中広務お別れ会に見た変わりゆく葬送観

    死と、普通に向き合おう、というメッセージと読みました。 それ本当に大事なことだと思います。 なんでも、『迷惑かけないように』の一言で簡略化されるのは、生きている実感を削ぐことだと思います。 高額葬儀への揺り戻しとも思いますが(戒名何十万とか)、だからと言って、否定されすぎれば、失うものもあるでしょう。

    (2018年6月18日)

  • 研究室に行ってみた 忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実

    昨日の昼食のおかずにイワシの丸焼きを頭ごと二匹食べた。勿論内蔵も一緒に。あの内臓にも『マイクロプラスチック』が幾片か含まれているかと思うと良い気はしない。先日はEUでプラスチック製のストローの使用が禁止されるというニュースも満たし、以前、日本海沿岸に漂着するゴミの多くが中国や朝鮮からのプラスチックごみであると紹介された記事も記憶にある。『使い捨てプラスチック』利用禁止は日本にも先行して欲しいが、世界中で実施されないと意味がない。『マイクロプラスチック』がもっと細かく破砕されたら『ミクロプラスチック』となって空気中を漂う埃になってしまうだろう。そう思うと、体に毒かどうかは別にして、気分が悪いし、自然の生成物であるスギ花粉でさえ日本人の多数を『花粉症』にしてしまった程で、22世紀には世界中の人達が外出る時はマスク着用が必須、なんて事になり兼ねない。そうならない様に、日本政府が世界を『脱プラスチック』の方向にリードできたら何と素晴らしいことかと思う。こんな事でもないと日本が世界に大きく貢献できる機会は少なくなってしまった。

    (2018年6月16日)

  • ニッポン農業生き残りのヒント 「悪い人」にならなければ改革できない

    日本だけではありませんが、保守的になり過ぎると、自浄作用が効かなくなってしまう良い例です。変化には多大なエネルギーが必要かと思いますが、日本の回復のためにも小田嶋さんのような方を応援したいです。

    (2018年6月15日)

  • 研究室に行ってみた 忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実

    スクラブ剤として使っているマイクロプラスチックビーズが問題だと思っていたのですが、普通に使っているプラスチックも最終的にマイクロプラスチックとなって問題になるという認識はありませんでした。 浜辺には大量のプラゴミが漂着しており、手遅れの感があります。 この問題を解決するドラスティックなアイデアがあるのでしょうか?

    (2018年6月16日)

  • ニッポン農業生き残りのヒント 「悪い人」にならなければ改革できない

    農政に詳しくない他産業の人間からすると、自分達で需要を読んで生産計画を立てるのは当たり前で、生産者同士で価格維持のために協働して生産調整するのはカルテルで違法じゃないの?と感じます。 米産業が産業として異端だから、他産業では普通の人間の小田嶋さんが米産業では異端になるんだなと思いながら読みました。 行政は制度整備、インフラ整備、立法提案が本業で産業指導は邪道という意見も同感です。 半導体産業辺りも行政の介入でグダグダになったので、これは米産業特有の問題では有りませんが。

    (2018年6月15日)

  • 世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」 中国・トラック運転手3000万人がスト敢行?

    友人に中国出身者がいることもあって、いつもキタムラレポートを関心を持って読んでいます。 その彼の話とキタムラレポートを読んでつくづく思う事は、この国は本当に支配者のご都合主義国家だということ。 共産主義国家だといって情報や人権を制限するのに、格差是正や社会保障は資本主義国家のごとく。 大国だと言ってアメリカに太平洋を2ヶ国で分けようと提案し世界中で覇権をふるい、国際社会から義務を求められたり非難をされれば、まだ新興国だという。 いいとこ取りのご都合主義でやってきた矛盾とツケが隠しようがなくなっているのだろう。

    (2018年6月15日)

  • ニッポン農業生き残りのヒント 「悪い人」にならなければ改革できない

    ただ反対するのでもなく,体制に迎合するのでもなく,問題の本質をついて「あるべき姿を目指す」姿勢には敬意を純粋に表する。「守らなければだめ」ではなく,「勝ち抜き生き残る」意志が命の躍動を感じさせるいい記事だと思いました。これは農業が「命」の礎だからだけではないと思いました。「長いものには巻かれろ」的な,日本的組織順応論は必ずしも現代的な産業政策にたいしては機能しない事は明らかです。多くの生産者の中に眠っている「生きる力」が「産業の力」に代わる風土を再構築していかなければ,農業ばかりでない「日本の衰退」は明らかです。主眼は農業においても,「瑞穂の国の産業政策」をしっかりと意識した記事をこれからも期待します。

    (2018年6月15日)

  • 世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」 中国・トラック運転手3000万人がスト敢行?

    レコードチャイナには「中国政府はストに関する情報を封鎖。海外メディアやネット上の関連報道を排除するなどの対応を取っている」とありました。あれほど広大な土地柄と膨大な人口を抱えていても、中国政府は制御できるものだと驚嘆しています。

    (2018年6月15日)

  • 中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 女優・范冰冰に脱税疑惑? 芸能ゴシップを深読み

    彭麗媛と離婚する事態ともなれば、人民解放軍政治指導部の離反は避けられず、共産党政権が倒れる事態ともなりかねないので、非常に注目すべきゴシップといえます。 私事ですが、10年ほど前、范冰冰を極間近で長時間観る機会を得ましたが、正に傾城の美女という装いで、ゴシップの信憑性が高いと思ってしまいます。

    (2018年6月13日)

  • 記者の眼 呉服店5代目経営の下着店、屋号にワコールの謎

    廉価商品ならともかく、ある程度のお金をだしての買うのに、ネットではちょっという 層は確かにあると思います。サイズの相談も信頼できるお店でないとできないですね。 ショッピングモールでの同類の店舗の多く、利益率はおそらく高いのでしょう。

    (2018年6月4日)

  • ニッポン農業生き残りのヒント 「農政は民間をバカにしているのか!」(上)

    農協は、農協という組織自体が、農業を利用して楽して儲ける、という目的の組織だと考えていましたが、中にはこのような、真に国民と農業の為に仕事をしている農協もあるのですね。 このような有意義な農協を増強してゆく政権を、国民が支持することが、日本国民の今後の重要課題の一つですね。

    (2018年6月8日)

  • 早読み 深読み 朝鮮半島 「暗殺」「猫なで声」で金正恩いぶし出すトランプ

    トランプ大統領の話がころころ変わり分かりにくかったが、 ここにきて、さすがやり手のビジネスマンと思うようになった。 もしヒラリーが大統領になっていたら、 こんなことにはならなかっただろう。 どんな結果になるか分からないが、 今のところ日本にとって、トランプ大統領は吉と出ているのではないか。 北朝鮮を変えるにはトップを変えるしかないだろう。 シンガポール現地で逮捕や暗殺すると、 シンガポールの威信を傷つけるので、 やるなら岐路だろう。 実行と同時に、中国軍が侵攻。 アメリカも空と海から支援。 もちろん北内部にも協力者が必要だ。 これで全て変わる。 確実だ。 トランプという男がどういう男なのか、6/12に分かる。

    (2018年6月8日)

  • 早読み 深読み 朝鮮半島 「暗殺」「猫なで声」で金正恩いぶし出すトランプ

    このコラムは毎回読ませていただいていますが、トランプが日本や世界の平和のことを考えてくれている正義の味方、という前提に立った日本に都合のいい希望的観測のような気がします。 そのように分析される根拠はなんなのか教えてほしいです。 貿易面でトランプは自国第一主義に立った保護貿易を推進していますよね。 北朝鮮問題でも自国さえよければいいという判断をしないと言える根拠はなんですか? 自国第一主義であれば、核は存在が明らかになっているものだけ廃棄させて実験場も閉鎖すれば体裁は繕えるし、あとはICBMさえ徹底的に廃棄させられればアメリカは満足ではありませんか。 もしそうなったら梯子を外された日本は中国の軍事力と北朝鮮の核と韓国を敵に回して単独で立ち向かわなければならないことになりませんか?

    (2018年6月8日)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長